【東京】迫力欠く小池・スベる吉村・踊る太郎…「三つ巴の戦い」最後のイスは誰?

公開日: 更新日:

東京(改選数6)

○当選圏内、△拮抗でやや優勢、▲拮抗でやや劣勢。左印は政治評論家・野上忠興氏、右印は政治ジャーナリスト・泉宏氏の予想。

【写真】この記事の関連写真を見る(22枚) 

 ◇  ◇  ◇

 最後の1枠を制するのは誰か。大手メディアの情勢調査によると、6議席を争う東京選挙区は、自民・朝日、生稲、公明・竹谷、立憲・蓮舫、共産・山添の5人が当選圏内。残る1議席をめぐり、維新・海老沢、れいわ・山本、「ファーストの会」の荒木が三つ巴の戦いを繰り広げている。

 3人の中でも苦戦しているのが、小池都知事の「相棒」の荒木だ。陣営が「唯一の弱点」と認める知名度の低さを補うため、小池が連日、応援演説のマイクを握っている。娘のような存在の荒木を何が何でも当選させたいという“親心”からか、小池も必死だが、持ち前の神通力は発揮できていない。

 ラストサンデーの3日、JR秋葉原駅前で行われた荒木の街頭演説に小池も登場。集まった約200人の聴衆に、「ファーストの会」と連携を組む国民民主党の玉木代表と共に支援を呼び掛けたが、聴衆の拍手はパラパラ。演台の選挙カー近くに控えていた陣営スタッフが「ウケが良くないなぁ……」と思わずボヤいてしまうほど、盛り上がりに欠けていた。

 演説終了後、小池は選挙カーから降りると、挨拶もそこそこに車へ。荒木と玉木は聴衆との記念撮影に応じていたが、小池はお疲れ気味なのか、塩対応でその場を後にした。

 一方、勢いづいているのが維新の副代表を務める吉村大阪府知事だ。小池がアキバでマイクを握った日の前日、吉村も秋葉原駅前に海老沢の応援弁士として登場。教育無償化の実績をアピールし、「次世代への投資が自民党との対立軸」と強調した。立憲をクサして「国会でプラカード掲げて、あんなんドリフ大爆笑。茶番劇です」などとコキ下ろしたが、ほとんど笑いは起きず、ややスベり気味だった。

 海老沢陣営は「吉村さんが秋葉原で演説したのは初めてじゃないか。その割には、結構人が集まったと思う」と手ごたえを感じた様子。「(海老沢は)追い上げている」と意気軒高だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    大坂なおみ正念場…辣腕コーチとの契約終了は「愛想を尽かされた」ということ

    大坂なおみ正念場…辣腕コーチとの契約終了は「愛想を尽かされた」ということ

  2. 2
    「アイデア泥棒ではないか」就活生から企業に向けて怒りや不満の声が漏れるワケ

    「アイデア泥棒ではないか」就活生から企業に向けて怒りや不満の声が漏れるワケ

  3. 3
    旧統一教会・田中会長“言い訳会見”に重大なウソ 会見弁護団・国民生活センターが次々指摘

    旧統一教会・田中会長“言い訳会見”に重大なウソ 会見弁護団・国民生活センターが次々指摘

  4. 4
    佳子さまに“間違いないお相手”とのお忍び愛報道 眞子さんと「同じ選択」なら秋篠宮家どうなる

    佳子さまに“間違いないお相手”とのお忍び愛報道 眞子さんと「同じ選択」なら秋篠宮家どうなる

  5. 5
    原監督が巨人の“聖域”をブチ壊し…よりによって中田翔が「第91代4番」の衝撃

    原監督が巨人の“聖域”をブチ壊し…よりによって中田翔が「第91代4番」の衝撃

  1. 6
    「反日のエセ保守」である安倍政権で一貫していた「日本を破壊する」という強い意志

    「反日のエセ保守」である安倍政権で一貫していた「日本を破壊する」という強い意志

  2. 7
    岸田首相と旧統一教会関係者の2ショット写真拡散!内閣改造をブチ壊す“脇の甘さ”に不安の声

    岸田首相と旧統一教会関係者の2ショット写真拡散!内閣改造をブチ壊す“脇の甘さ”に不安の声

  3. 8
    キムタクは「おじさん構文」にピリピリ? インスタからすっかり絵文字が消えたナゼ

    キムタクは「おじさん構文」にピリピリ? インスタからすっかり絵文字が消えたナゼ

  4. 9
    旧統一教会と接点ある副大臣・政務官は20人! カミングアウトしていない「3人の名前」

    旧統一教会と接点ある副大臣・政務官は20人! カミングアウトしていない「3人の名前」

  5. 10
    山際経済再生相 内閣改造前は旧統一教会との癒着“完黙”→留任後カミングアウトの超悪質

    山際経済再生相 内閣改造前は旧統一教会との癒着“完黙”→留任後カミングアウトの超悪質