【山形】自民「不戦敗」騒動の出遅れ引きずったまま、出遅れ…野党共闘は揺らぐ

公開日: 更新日:

山形(改選数1)

○当選圏内、△拮抗でやや優勢、▲拮抗でやや劣勢。左印は政治評論家・野上忠興氏、右印は政治ジャーナリスト・泉宏氏の予想。

 ◇  ◇  ◇

【山形】

▲▲大内 理加59 自新
△△舟山 康江56 国現
  石川  渉48 共新
  小泉  明51 N新

 新年度予算案に賛成した国民民主党は「参院選後に連立政権入りするのか」とまで囁かれている。自民党は、そんな国民民主と山形でまさかの“共闘”を画策、党本部主導で当初は候補者の擁立を見送ろうとした。しかし、「不戦敗」に地元が反発し、結局、元県議の新人・大内を擁立。出遅れのドタバタを、自民はいまも引きずっている。

「自民党が自信と誇りを持って公認した。ぜひ押し上げてほしい」

 公示直前の6月18日、JR山形駅前の街頭演説で、岸田首相はこう言って大内への支援を呼びかけた。当日、開かれた県連大会に岸田がわざわざ出向いたのは、組織がガタついているからだろう。

 その2日前の16日には、党県連会長でもある遠藤選対委員長が、吉村美栄子山形県知事とともに官邸を訪れ、県の名産のサクランボを首相に進呈した。

「公認候補者を立てた以上は戦いますよ。大内氏は山形テレビのディレクターから県議になった。地元で3代続く県議の名家出身です。昨年の知事選に出馬し、全県での知名度もある。遠藤氏が吉村知事を総理に会わせたのは懐柔策でしょう。知事と国民現職の舟山氏はこれまで、お互いの選挙で支援し合ってきたが、最近、知事は自民に歩み寄りを見せてもいる。参院選には中立的な立場でお願いしたいということ」(自民党関係者)

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    インド15歳少女の“愛の証”に世界が衝撃…HIV感染の「恋人の血液」を自ら注射!

    インド15歳少女の“愛の証”に世界が衝撃…HIV感染の「恋人の血液」を自ら注射!

  2. 2
    夏ドラマ“爆死”のワケは「イントロが長い」から? TBS日曜劇場まで視聴率1ケタ台

    夏ドラマ“爆死”のワケは「イントロが長い」から? TBS日曜劇場まで視聴率1ケタ台

  3. 3
    大阪桐蔭は高校野球では無敵なのに…森友哉世代以降のOBがプロでパッとしない謎解き

    大阪桐蔭は高校野球では無敵なのに…森友哉世代以降のOBがプロでパッとしない謎解き

  4. 4
    森元首相が内閣改造人事で“黒幕”気取り 岸田首相への「お願いがその通りに」と大放言!

    森元首相が内閣改造人事で“黒幕”気取り 岸田首相への「お願いがその通りに」と大放言!

  5. 5
    五輪卓球金・伊藤美誠に何が? 国内3大会連続敗戦のウラ側と五輪選考めぐるゴタゴタ

    五輪卓球金・伊藤美誠に何が? 国内3大会連続敗戦のウラ側と五輪選考めぐるゴタゴタ

  1. 6
    松山英樹「LIVに興味はある」と発言…カネで魂売ればイメージダウンは必至

    松山英樹「LIVに興味はある」と発言…カネで魂売ればイメージダウンは必至

  2. 7
    大谷初の規定投球回クリアに…正捕手スタッシの「拙守と弱肩」という意外な泣きどころ

    大谷初の規定投球回クリアに…正捕手スタッシの「拙守と弱肩」という意外な泣きどころ

  3. 8
    これが女子プロ“バブル”の現実 2年目の西郷真央はすでに大卒女性「生涯賃金2.6億円」超え

    これが女子プロ“バブル”の現実 2年目の西郷真央はすでに大卒女性「生涯賃金2.6億円」超え

  4. 9
    降板を告げられた直後に「勝負せんか!」と一喝…権藤監督が何度も怒った理由

    降板を告げられた直後に「勝負せんか!」と一喝…権藤監督が何度も怒った理由

  5. 10
    血管年齢の「老化」と認知症につながる「糖化」を防ぐ食べ方のコツ

    血管年齢の「老化」と認知症につながる「糖化」を防ぐ食べ方のコツ