【長崎】野党共闘不発も立憲・白川が追い上げ、顔と名前の浸透が強み

公開日: 更新日:

長崎(改選数1)

○当選圏内、△拮抗でやや優勢、▲拮抗でやや劣勢。左印は政治評論家・野上忠興氏、右印は政治ジャーナリスト・泉宏氏の予想。

 ◇  ◇  ◇

【長崎】

○○山本 啓介47 自新
  白川 鮎美42 立新
  山田 真美50 維新
  安江 綾子45 共新
  大熊 和人52 N新

 長崎県知事や衆院議員を務めた自民現職の金子原二郎農相(78)が引退。後継の山本は壱岐選出の元県議で知名度不足が深刻だ。2月の知事選は県議が真っ二つに分かれる保守分裂となった。「しこりはない」(山本陣営)と言うが、山本支援に動きが鈍い県議もいるようだ。

 立憲新人の白川は会社役員。3年前、野党統一候補として国民民主から立候補し、自民現職に3万4000票まで迫った。3年間、県内を徹底的に回り、顔と名前は知られるようになった。昨秋の衆院選長崎1区で圧勝した国民民主の西岡秀子が白川の応援に顔を出し「大変、心強い」(白川陣営)。西岡の地盤である長崎市では白川が優勢だ。

 ただ、前回3年前と違って今回は野党候補の一本化は失敗。3万票の基礎票がある共産が安江を立てた。

 維新は初めて候補を擁立。自民支持層から票が流れる可能性がある。山本が先行し、白川が追いかける展開だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    投資被害で思い出す2017年、元女優E突如の引退…だからTKO木本武宏は記者会見を開くべき

    投資被害で思い出す2017年、元女優E突如の引退…だからTKO木本武宏は記者会見を開くべき

  2. 2
    Snow Man向井“ルッキズム発言”炎上で改めて分かった SMAPと嵐が「国民的アイドル」たるゆえん

    Snow Man向井“ルッキズム発言”炎上で改めて分かった SMAPと嵐が「国民的アイドル」たるゆえん

  3. 3
    愛子さまティアラ再び新調せず…国民思いの決断に称賛の声、国葬には税金ジャブジャブなのに

    愛子さまティアラ再び新調せず…国民思いの決断に称賛の声、国葬には税金ジャブジャブなのに

  4. 4
    下村博文氏に「安倍さん以上の嘘つき」と批判の声 旧統一教会の名称変更で無理スジの釈明

    下村博文氏に「安倍さん以上の嘘つき」と批判の声 旧統一教会の名称変更で無理スジの釈明

  5. 5
    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”

    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”

  1. 6
    文化系女子「ぼる塾」独り勝ちのワケ 「3時のヒロイン」との違いは?

    文化系女子「ぼる塾」独り勝ちのワケ 「3時のヒロイン」との違いは?

  2. 7
    超人ハルクに憧れた男の悲劇…ワセリン注入で腕切断の危機

    超人ハルクに憧れた男の悲劇…ワセリン注入で腕切断の危機

  3. 8
    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 9
    旧統一教会問題で「ミヤネ屋」「ゴゴスマ」が大健闘! ワイドショー“本領発揮”の舞台裏

    旧統一教会問題で「ミヤネ屋」「ゴゴスマ」が大健闘! ワイドショー“本領発揮”の舞台裏

  5. 10
    唐田えりか「女子プロレスラー」役の激太り増量で"みそぎ復活"なるか

    唐田えりか「女子プロレスラー」役の激太り増量で"みそぎ復活"なるか