【静岡】与野党問わず“下半身醜聞”に大揺れ…トップ当選は雪辱の若林か再戦の平山か?

公開日: 更新日:

静岡(改選数2)

○当選圏内、△拮抗でやや優勢、▲拮抗でやや劣勢。左印は政治評論家・野上忠興氏、右印は政治ジャーナリスト・泉宏氏の予想。

 ◇  ◇  ◇

【静岡】

○△若林 洋平50 自新
  鈴木 千佳51 共新
  舟橋 夢人56 N新
  堀川 圭輔48 N新
○△平山佐知子51 無現
 ▲山崎真之輔40 無現

 与野党問わず、下半身スキャンダルに大揺れの選挙区だ。

 自民元職の知事選出馬に伴って実施された昨年の補選では、自民の若林と無所属の山崎が激突。立憲民主と国民民主の推薦を得た山崎が、県内で絶大な人気を誇る川勝知事の全面支援を受けてモーレツに追い上げ、「勝って当たり前」だった前御殿場市長の若林を下した。

 あれから8カ月。山崎は参院会派を組む国民民主と連合静岡の推薦をテコに組織固めに躍起になっているが、再選の目はほぼない。

 初当選直後、写真週刊誌「フライデー」が県議時代の5年に及ぶ不倫をスクープ。山崎の釈明は二転三転し、川勝から「もう応援することはない」と三くだり半を突きつけられた。

「山崎氏は良く言えばフレンドリー、悪く言えば緊張感に欠ける。支援者へのお詫びもヘラヘラした態度で、〈アイツは本当に反省しているのか!〉とさらに反発を買っていました。県議時代の仲間が応援しようにも、後援会から反対されて動くに動けない。県議たちも来春の統一地方選を控える身ですから、むちゃはできません」(地元企業関係者)

ここでも自民の足を引っ張る「パパ活問題」

 野党第1党ながら、候補者調整が難航した立憲民主は擁立も推薦も見送り。地域密着の比例候補として医師の石川雅俊(42)を立て、支持層固めと無党派層の掘り起こしを図る。

 好事魔多し。圧勝で議席奪還を狙う自民の足を引っ張るのが「岸田派のホープ」と呼ばれ、静岡5区が地盤の吉川赳衆院議員のパパ活問題だ。要するに、18歳女子大生の買春疑惑。離党して雲隠れ中の吉川に県連が辞職勧告文書を送り付けるなど、選挙対策のケジメを急いでいるが、張本人はバッジを外そうとしない。

トップ当選を目指す若林陣営の目標は「60万票獲得」

 ウンザリ票の受け皿になりそうなのが、再選をうかがう元フリーアナの平山。6年前は民進党から出馬し、分裂騒動で離党。無所属で活動中なのだが、なかなかのくせ者だ。今年度予算をはじめ、岸田政権肝いりの経済安保推進法、改正薬機法、こども家庭庁設置法に賛成した。

「自民を支持してきた企業・団体に浸食してるよね。NHK静岡で長年キャスターをやっていただけあって、顔は売れているし、ファンも多いからな。そうは言っても、すぐ自民に来るわけにはいかないだろうしねえ」(自民県連関係者)

 トップ当選を目指す若林陣営の目標は「60万票獲得」だが、平山と僅差になる気配濃厚。気が付いたら自民独占区となる可能性もある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    小林麻耶の告白は99%真実 この目で見た妹・麻央さんの哀しき晩年と市川海老蔵の夜遊び

    小林麻耶の告白は99%真実 この目で見た妹・麻央さんの哀しき晩年と市川海老蔵の夜遊び

  2. 2
    ロンブー淳「ガーシー砲」被弾! “女癖の悪さ”露呈で悲願の政界進出に黄色信号

    ロンブー淳「ガーシー砲」被弾! “女癖の悪さ”露呈で悲願の政界進出に黄色信号

  3. 3
    風吹ジュン70歳の今も高支持率の女優人生…私生活では実父と夫の不倫問題を乗り越えた

    風吹ジュン70歳の今も高支持率の女優人生…私生活では実父と夫の不倫問題を乗り越えた

  4. 4
    萩生田氏は“閣外逃亡”で旧統一教会癒着の追及逃れ 経産大臣続投希望はとんだ茶番だった

    萩生田氏は“閣外逃亡”で旧統一教会癒着の追及逃れ 経産大臣続投希望はとんだ茶番だった

  5. 5
    上川隆也は“ポスト水谷豊”か…夏ドラマ不調の中で「遺留捜査」抜群の安定感

    上川隆也は“ポスト水谷豊”か…夏ドラマ不調の中で「遺留捜査」抜群の安定感

  1. 6
    夏の甲子園で選手の熱中症多発 猛暑問題放置は「高野連の改革アレルギー」と識者バッサリ

    夏の甲子園で選手の熱中症多発 猛暑問題放置は「高野連の改革アレルギー」と識者バッサリ

  2. 7
    国際派女優となった島田陽子さんを“潰した”のは誰だったのか?

    国際派女優となった島田陽子さんを“潰した”のは誰だったのか?

  3. 8
    岸田首相と旧統一教会関係者の2ショット写真拡散!内閣改造をブチ壊す“脇の甘さ”に不安の声

    岸田首相と旧統一教会関係者の2ショット写真拡散!内閣改造をブチ壊す“脇の甘さ”に不安の声

  4. 9
    島田陽子さん遺体いまだ火葬されず渋谷区が保管…このままでは“行き倒れ”と同扱いの可能性

    島田陽子さん遺体いまだ火葬されず渋谷区が保管…このままでは“行き倒れ”と同扱いの可能性

  5. 10
    「日本ハムには選手を預けたくない」高校野球の取材現場で聞こえる新庄監督への冷めた反応

    「日本ハムには選手を預けたくない」高校野球の取材現場で聞こえる新庄監督への冷めた反応