【東京】タレント乱立で激戦! 読めない残り2議席…「乙武クン」に票を奪われるのは誰だ

公開日: 更新日:

東京(改選数6)

○当選圏内、△拮抗でやや優勢、▲拮抗でやや劣勢。左印は政治評論家・野上忠興氏、右印は政治ジャーナリスト・泉宏氏の予想。

【写真】この記事の関連写真を見る(22枚) 

 ◇  ◇  ◇

△△朝日健太郎 46自現
○○生稲 晃子 54自新
○○竹谷とし子 52公現
○○蓮   舫 54立現
 ▲松尾 明弘 47立新
▲▲海老沢由紀 48維新
△△山添  拓 37共現
△△山本 太郎 47れ前
  服部 良一 72社新
  猪野 恵司 38N新
  説田 健二 51N新
  田中  健 56N新
  長谷川洋平 45N新
  松田 美樹 35N新
▲▲荒木 千陽 40フ新
  青山 雅幸 60諸新
  安藤  裕 57諸新
 ▲乙武 洋匡 46無新

「残り2議席がまったく読めない」──。東京の選挙関係者はみな、こう言って口を揃える。

 タレント候補が乱立するまれに見る混戦だ。予想を難しくしているのが、無所属で立候補する「五体不満足」著者・乙武の存在。本人の当選は厳しそうだが、一体、誰の票を奪うことになるのか。乙武はかつて自民党から出馬しようとしたこともある。乙武の得票がラスト2議席を左右するかもしれない。

 自民1人、立憲・蓮舫、公明・竹谷の3議席は当確。これに共産・山添が続く。自民は現状、党の情勢調査で意外にも、元おニャン子より朝日が先行している。

「現職ということもあるし、地方議員や団体などの組織は朝日につけているため、調査すれば数字は出る。生稲は浮動票狙いの空中戦なので、まだ浸透不足。ただ、『がん治療と仕事の両立』という実体験にもとづく演説は説得力があり、会えば票につながる。加えて、丸抱えで支援している安倍派ががむしゃらに突っ走り、組織を奪っている。この先逆転しそう」(自民党関係者)

残り2議席の争いは山本氏がトップ

 生稲の今月9日のブログには、安倍元首相や安倍派女性議員と一緒にガッツポーズする写真がしっかりアップされている。

 残り2議席の争いは、自民のもう1人、れいわ・山本、維新・海老沢、「ファーストの会」の荒木、立憲・松尾の5人。投票率によるものの、当選の最低ラインは50万票程度とみられる。優劣が読めない中、それでも先頭を走るのは、衆院議員のバッジを外して背水の陣で臨む山本。2年前の都知事選で65万票を獲得した強みがある。

出遅れが目立つ荒木氏の応援には小池都知事が

 一方、出遅れが際立つのは荒木。陣営は「いまは当選圏外にいる」と冷静に現状分析する。荒木は小池都知事にとって、秘書も務めた愛弟子。選挙運動は既に“二人三脚”状態だが、小池にかつての神通力があるのかどうか。

「小池知事は、時間のある限りさまざまな会合に顔を出し、荒木さんをお願いしています。当選させるために何でもするつもりでしょう。公示後も一緒に街頭に立つと思います」(ファースト関係者)

 維新は全国政党を目指す上で東京を最重点選挙区としたのに、元大阪市議を擁立するという迷走。吉村大阪府知事が、直近の2週続けて週末に海老沢の応援に入ったが、効果があったのかは微妙。立憲の2人目・松尾も知名度不足で埋没気味だ。  

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    小林麻耶の告白は99%真実 この目で見た妹・麻央さんの哀しき晩年と市川海老蔵の夜遊び

    小林麻耶の告白は99%真実 この目で見た妹・麻央さんの哀しき晩年と市川海老蔵の夜遊び

  2. 2
    ロンブー淳「ガーシー砲」被弾! “女癖の悪さ”露呈で悲願の政界進出に黄色信号

    ロンブー淳「ガーシー砲」被弾! “女癖の悪さ”露呈で悲願の政界進出に黄色信号

  3. 3
    風吹ジュン70歳の今も高支持率の女優人生…私生活では実父と夫の不倫問題を乗り越えた

    風吹ジュン70歳の今も高支持率の女優人生…私生活では実父と夫の不倫問題を乗り越えた

  4. 4
    萩生田氏は“閣外逃亡”で旧統一教会癒着の追及逃れ 経産大臣続投希望はとんだ茶番だった

    萩生田氏は“閣外逃亡”で旧統一教会癒着の追及逃れ 経産大臣続投希望はとんだ茶番だった

  5. 5
    上川隆也は“ポスト水谷豊”か…夏ドラマ不調の中で「遺留捜査」抜群の安定感

    上川隆也は“ポスト水谷豊”か…夏ドラマ不調の中で「遺留捜査」抜群の安定感

  1. 6
    夏の甲子園で選手の熱中症多発 猛暑問題放置は「高野連の改革アレルギー」と識者バッサリ

    夏の甲子園で選手の熱中症多発 猛暑問題放置は「高野連の改革アレルギー」と識者バッサリ

  2. 7
    国際派女優となった島田陽子さんを“潰した”のは誰だったのか?

    国際派女優となった島田陽子さんを“潰した”のは誰だったのか?

  3. 8
    岸田首相と旧統一教会関係者の2ショット写真拡散!内閣改造をブチ壊す“脇の甘さ”に不安の声

    岸田首相と旧統一教会関係者の2ショット写真拡散!内閣改造をブチ壊す“脇の甘さ”に不安の声

  4. 9
    島田陽子さん遺体いまだ火葬されず渋谷区が保管…このままでは“行き倒れ”と同扱いの可能性

    島田陽子さん遺体いまだ火葬されず渋谷区が保管…このままでは“行き倒れ”と同扱いの可能性

  5. 10
    「日本ハムには選手を預けたくない」高校野球の取材現場で聞こえる新庄監督への冷めた反応

    「日本ハムには選手を預けたくない」高校野球の取材現場で聞こえる新庄監督への冷めた反応