ウイグル人権問題で内部文書流出 中国幹部「数歩でも逃げようとしたら射殺しろ」

公開日: 更新日:

 中国・新疆ウイグル自治区の少数民族ウイグル族への人権侵害問題に関し、2017年に自治区トップ陳全国・党委員会書記(当時)が「(収容所から)数歩でも逃げようとした者は射殺せよ」と演説していたほか、収容所内で拘束具を使った拷問が行われている実態が、公安当局から流出した数万点に及ぶ資料で明らかになった。

■習主席関与も暴露

 資料はドイツ人研究者のアドリアン・ゼンツ氏が匿名の情報源から入手し、英BBCや独シュピーゲル、日本の毎日新聞など世界14のメディアが協力して検証作業を行い、一斉に報じた。

 趙克志公安相が、18年に新疆を視察した際に「習近平主席が200万人収容という目標を達成するために施設建設資金を増額した」と演説していたことも明らかになった。

 ゼンツ氏は、ロシアのプーチン大統領を引き合いに出しながら「ウイグルでの人権問題に習主席は直接関与していたことを示しており、ある種の『政治的パラノイア(偏執病)』が見えてくる」と語っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    小室圭さん間もなく「3回目受験」 NY州資格を持つ日本人弁護士が“合格”を確信するワケ

    小室圭さん間もなく「3回目受験」 NY州資格を持つ日本人弁護士が“合格”を確信するワケ

  2. 2
    カナダ在住“世界で最もインクに染まった男”の主張「タトゥーは愛の仕事」

    カナダ在住“世界で最もインクに染まった男”の主張「タトゥーは愛の仕事」

  3. 3
    “キムタク信長”にファン賛否…時代劇に求められる「共演者を生かす演技」

    “キムタク信長”にファン賛否…時代劇に求められる「共演者を生かす演技」

  4. 4
    大谷翔平の移籍先に「メッツ最有力」と米報道 屈指の資産家オーナーが付ける破格の値段

    大谷翔平の移籍先に「メッツ最有力」と米報道 屈指の資産家オーナーが付ける破格の値段

  5. 5
    渋野日向子×テレ東イケメンアナ“お泊り愛”の行方…女子プロは「体に変化が出る」とも

    渋野日向子×テレ東イケメンアナ“お泊り愛”の行方…女子プロは「体に変化が出る」とも

  1. 6
    女子プロに激高して“職務放棄”…ブチ切れ大江順一キャディーの過去トラブルと評判

    女子プロに激高して“職務放棄”…ブチ切れ大江順一キャディーの過去トラブルと評判

  2. 7
    国内男子ツアー低迷の哀れ…V賞金が女子プロのホールインワン賞に“毛が生えた”程度

    国内男子ツアー低迷の哀れ…V賞金が女子プロのホールインワン賞に“毛が生えた”程度

  3. 8
    日本ハム新庄監督インスタ2度目のブチ切れで分かった…“ハートは繊細”の意外

    日本ハム新庄監督インスタ2度目のブチ切れで分かった…“ハートは繊細”の意外

  4. 9
    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  5. 10
    テキサス州の男性が62kgの「フエダイ」ゲット! 世界記録になりそうなのに…

    テキサス州の男性が62kgの「フエダイ」ゲット! 世界記録になりそうなのに…