小林節
著者のコラム一覧
小林節慶応大名誉教授

1949年生まれ。都立新宿高を経て慶大法学部卒。法学博士、弁護士。米ハーバード大法科大学院の客員研究員などを経て慶大教授。現在は名誉教授。「朝まで生テレビ!」などに出演。憲法、英米法の論客として知られる。14年の安保関連法制の国会審議の際、衆院憲法調査査会で「集団的自衛権の行使は違憲」と発言し、その後の国民的な反対運動の象徴的存在となる。「白熱講義! 日本国憲法改正」など著書多数。新著は竹田恒泰氏との共著「憲法の真髄」(ベスト新著) 5月27日新刊発売「『人権』がわからない政治家たち」(日刊現代・講談社 1430円)

敵基地攻撃能力を考える(4)本質を語らない自民党、「専守防衛」政策から転換か?

公開日: 更新日:

 かつて自民党が、海外に戦争に行けないはずのわが国が戦争に行けるように変える法律を強引に制定した際に、私たちはその法律の本質を端的に捉えて「戦争法」と呼んだ。それに対して、自民党はその法律を「平和安全法制」と呼んで、マスコミを使って呼称を強引に統一してしまった。

 今回も、事柄の本質を緻密に議論せずに、まず、専守防衛の原則(つまり、武力攻撃を受けてから初めて、自衛のための必要最小限の防衛力を行使するという基本方針)は堅持するとしたうえで、その自衛力の限度はその時々の国際情勢や科学技術を考慮する……として、この問題はクリアしたことにしてしまっている。

 しかし、1956年(鳩山一郎首相)当時は、相手国からのミサイルの打撃力も小さく発射基地もはっきりしていたので、「現実に急迫不正の攻撃を受けて、他に反撃手段がない」場合だからその敵基地攻撃は必要最小限の自衛手段だと言い得た。しかし、今回は、技術の進歩の結果、「被害発生前に敵の指揮統制機能を攻撃する」ことも議論に含まれているのだから、無責任に専守防衛原則は守るなどと断じて良い場合ではない。

■本質を隠す言葉遊びはやめるべきだ

 にもかかわらず、「攻撃」だと印象が悪いので「反撃」に表現を改めるなど、自民党は相変わらず言葉遊びで逃げようとしている。

 自民党のこうした姿勢は常に一貫している。例えば、2018年に党議決定した改憲4項目の第1「『自衛隊』明記」案は、自衛隊の存在を合憲化するだけで、その他は現状と何も変わらない……と説明されている。しかし、現実に配布された条文案では、これまで政府が一貫して「必要・最小限」の自衛と説明してきたものを、(「最小限」を外して)「必要」な自衛に変更(拡大)するものである。その意味するところは、これまで極めて限られた例外だとしてきた海外派兵も「必要」を理由にして普通に行えるようにすることである。これでは普通の軍事大国化である。

 このように、本質を語らない自民党は、改憲4項の場合と同様に、今回も、こんな重要な提言の全体について主権者国民がアクセスできないように事実上非公開にしている。(つづく)



◆本コラム 待望の書籍化! 大好評につき4刷決定
『人権』がわからない政治家たち」(日刊現代・講談社 1430円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

  2. 2
    小林浩美JLPGA会長はファン置き去り…「地上波中継なき」国内女子ツアーの行く末

    小林浩美JLPGA会長はファン置き去り…「地上波中継なき」国内女子ツアーの行く末

  3. 3
    「ビューティ・ペア」で一世を風靡 マキ上田さん「フジ社屋の天球は“ビューティ資金”でつくられたと」

    「ビューティ・ペア」で一世を風靡 マキ上田さん「フジ社屋の天球は“ビューティ資金”でつくられたと」

  4. 4
    「消費税減税なら年金3割カット」自民・茂木幹事長の“高齢者ドーカツ発言”に批判殺到

    「消費税減税なら年金3割カット」自民・茂木幹事長の“高齢者ドーカツ発言”に批判殺到

  5. 5
    ダチョウ倶楽部の「純烈」加入にファンから「それなら友井雄亮さんを復帰させて!」と悲鳴

    ダチョウ倶楽部の「純烈」加入にファンから「それなら友井雄亮さんを復帰させて!」と悲鳴

  1. 6
    小室圭さん間もなく「3回目受験」 NY州資格を持つ日本人弁護士が“合格”を確信するワケ

    小室圭さん間もなく「3回目受験」 NY州資格を持つ日本人弁護士が“合格”を確信するワケ

  2. 7
    阪神絶好調でAクラス射程圏も…悔やまれる序盤大コケの陰にフロントの“矢野低評価”

    阪神絶好調でAクラス射程圏も…悔やまれる序盤大コケの陰にフロントの“矢野低評価”

  3. 8
    古江彩佳に問われる「プロ意識」…全米女子OP予選落ちで“塩対応”どころか取材拒否

    古江彩佳に問われる「プロ意識」…全米女子OP予選落ちで“塩対応”どころか取材拒否

  4. 9
    巨人球団史上最速の自力V消滅で野手と投手に内紛の火種…打線奮起も投手すべて台無しに

    巨人球団史上最速の自力V消滅で野手と投手に内紛の火種…打線奮起も投手すべて台無しに

  5. 10
    宮沢りえも登場…「大王製紙」前会長・井川意高氏のアイドル豪遊記

    宮沢りえも登場…「大王製紙」前会長・井川意高氏のアイドル豪遊記