小林節
著者のコラム一覧
小林節慶応大名誉教授

1949年生まれ。都立新宿高を経て慶大法学部卒。法学博士、弁護士。米ハーバード大法科大学院のロ客員研究員などを経て慶大教授。現在は名誉教授。「朝まで生テレビ!」などに出演。憲法、英米法の論客として知られる。14年の安保関連法制の国会審議の際、衆院憲法調査査会で「集団的自衛権の行使は違憲」と発言し、その後の国民的な反対運動の象徴的存在となる。「白熱講義! 日本国憲法改正」など著書多数。新著は竹田恒泰氏との共著「憲法の真髄」(ベスト新著) 5月27日新刊発売「『人権』がわからない政治家たち」(日刊現代・講談社 1430円)

自民党改憲草案102条にみる“憲法観”の異常性「国民は憲法を尊重すべき」

公開日: 更新日:

憲法改正問題を真面目に考えよう(7)

 イギリスとの武力抗争を経て、世界初の民主国家アメリカ合衆国が独立したのが1783年であった。その際、「絶対的権力は必ず堕落する」と体験的に知っていたジョージ・ワシントンは世界初の成文憲法(1788年+1791年修正)を制定した。

 以来、憲法は、国民の最高意思で権力者を拘束する法として世界に伝播していった。

 日本国憲法も99条で「天皇、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重・擁護する義務を負う」と明記している。

 ところが、自民党改憲草案102条には違ったことが書かれている。つまり、1項で「国民は憲法を『尊重』しなければならない」と規定し、2項で「国会議員、国務大臣、裁判官その他の公務員は、憲法を『擁護』する義務を負う」と規定している。要するに、「国民は憲法を『尊重』すべきで、政治家以下の公務員はその憲法が国民に守られるよう『擁護』しろ」ということである。

 つまり、「国民が憲法を尊重するように、政治家以下の公務員(つまり権力者)が管理する」という関係で、「主権者国民の最高意思である憲法に権力者が従うべきだ」という世界の常識の真逆になってしまう。

■権力者だけが法から自由になる

 その上で、自民党改憲草案は、国民に、日の丸と君が代を尊重する義務(3条)と国防に協力する義務(9条の三)を課している。この点も、自由で民主的な諸国の憲法常識に反している。

 このような批判に対して、改憲派の自民党議員が、「『国に授権する』という憲法観を採る」と言い放ったことがある。しかし、憲法論議の大前提である「憲法」の定義を勝手に変更することなど許されるはずがない。

 この自民党の憲法観には決定的な欠陥がある。それは、草案102条の下では権力者だけが憲法から自由になってしまうことである。つまり、形式的には権力者も国民の一員として憲法尊重義務を負ってはいるが、権力者だけがその「尊重」の認定権を握っている。だから、結局は、モリ・カケ・桜・東北新社のスキャンダルで見たように、権力者だけが法から自由になってしまうのである。そこに法の支配は存在しない。 =つづく


◆本コラム 待望の書籍化! 発売中
『人権』がわからない政治家たち」(日刊現代・講談社 1430円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    南果歩が乗り越えた渡辺謙との壮絶離婚…支えた長男は新進気鋭アーティストとして活躍中

    南果歩が乗り越えた渡辺謙との壮絶離婚…支えた長男は新進気鋭アーティストとして活躍中

  2. 2
    新春SPドラマ二宮和也「潜水艦カッペリーニ号の冒険」大コケ…ファン離れついに現実に?

    新春SPドラマ二宮和也「潜水艦カッペリーニ号の冒険」大コケ…ファン離れついに現実に?

  3. 3
    細川ふみえの入浴剤CMを見て「フーミンは“さげまん”なんだよ」という言葉を思い出した

    細川ふみえの入浴剤CMを見て「フーミンは“さげまん”なんだよ」という言葉を思い出した

  4. 4
    41歳声優の妊娠発表で「高齢出産」がSNSでトレンド入り…消えぬ“偏見”に潜むもの

    41歳声優の妊娠発表で「高齢出産」がSNSでトレンド入り…消えぬ“偏見”に潜むもの

  5. 5
    ドイツ人青年がタトゥーで肉体改造「人間離れした姿」になるのが目標

    ドイツ人青年がタトゥーで肉体改造「人間離れした姿」になるのが目標

もっと見る

  1. 6
    若年層や女性が感染しやすい…「オミクロン株」の怖さと対策を専門家に聞いた

    若年層や女性が感染しやすい…「オミクロン株」の怖さと対策を専門家に聞いた

  2. 7
    渡辺謙が南果歩と離婚 30代ホステスとの不倫が原因でバツ2

    渡辺謙が南果歩と離婚 30代ホステスとの不倫が原因でバツ2

  3. 8
    9歳の女児からお年玉をひったくり…46歳無職女の血も涙もない素性

    9歳の女児からお年玉をひったくり…46歳無職女の血も涙もない素性

  4. 9
    長澤まさみ「鎌倉殿の13人」での“ささやきナレ”は聞き取りにくい…過去の大河では降板劇も

    長澤まさみ「鎌倉殿の13人」での“ささやきナレ”は聞き取りにくい…過去の大河では降板劇も

  5. 10
    やっぱり唐田が好き? 東出が囲み取材でつい漏らした本音

    やっぱり唐田が好き? 東出が囲み取材でつい漏らした本音