高野孟
著者のコラム一覧
高野孟ジャーナリスト

1944年生まれ。「インサイダー」編集長、「ザ・ジャーナル」主幹。02年より早稲田大学客員教授。主な著書に「ジャーナリスティックな地図」(池上彰らと共著)、「沖縄に海兵隊は要らない!」、「いま、なぜ東アジア共同体なのか」(孫崎享らと共著」など。メルマガ「高野孟のザ・ジャーナル」を配信中。

なぜ立憲民主党の代表選が盛り上がらないのか?

公開日: 更新日:
何を旗印に対抗するのかがハッキリしない(左から立憲民主党代表選の泉、小川、逢坂、西村4候補)/(C)共同通信社

 立憲民主党の代表選挙がなかなか盛り上がらない。第1に、保守対リベラルという基本構図の下で、“リベラル第1党”として何を旗印に対抗するのかがハッキリしない。

 岸田政権が「成長なくして分配なし」であるのに対し、立憲が「分配なくして成長なし」と言っても、しょせんは両方ともこれ…

この記事は会員限定です。
日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    米国に37歳差カップル誕生 年上彼女は「彼の子供を産みたい!」

    米国に37歳差カップル誕生 年上彼女は「彼の子供を産みたい!」

  2. 2
    「ねえ、あなた。2人で住み込みの管理員をしましょうか」と妻が言い出した

    「ねえ、あなた。2人で住み込みの管理員をしましょうか」と妻が言い出した

  3. 3
    東大刺傷事件 逮捕の17歳少年が「勉強」と題しつづった卒業文集と意外な家庭環境

    東大刺傷事件 逮捕の17歳少年が「勉強」と題しつづった卒業文集と意外な家庭環境

  4. 4
    「ジョブチューン」で有名シェフが難クセ炎上 コンビニ商品の品質はもはやプロの味をしのぐ

    「ジョブチューン」で有名シェフが難クセ炎上 コンビニ商品の品質はもはやプロの味をしのぐ

  5. 5
    黒木華「ゴシップ」低迷で…気になる野村周平の「女ども」発言の影響

    黒木華「ゴシップ」低迷で…気になる野村周平の「女ども」発言の影響

もっと見る

  1. 6
    Netflix「新聞記者」海外でも高評価 現実と同じ不祥事描写に安倍夫妻“真っ青”

    Netflix「新聞記者」海外でも高評価 現実と同じ不祥事描写に安倍夫妻“真っ青”

  2. 7
    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”

    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”

  3. 8
    嵐・松本潤ファンが驚いた映画大ヒットと超細身「スーツのサイズは女性の7号?」

    嵐・松本潤ファンが驚いた映画大ヒットと超細身「スーツのサイズは女性の7号?」

  4. 9
    まさに「老害」…“社長キラー”と呼ばれた旭化成の宮崎輝

    まさに「老害」…“社長キラー”と呼ばれた旭化成の宮崎輝

  5. 10
    東大刺傷事件で逮捕された少年は医学部志望 “神童”でも苦悩しもがく超難関校の過酷

    東大刺傷事件で逮捕された少年は医学部志望 “神童”でも苦悩しもがく超難関校の過酷