適菜収
著者のコラム一覧
適菜収作家

近著に「日本人は豚になる」「ナショナリズムを理解できないバカ」など。著書40冊以上。購読者参加型メルマガ「適菜収のメールマガジン」も始動。詳細は適菜収のメールマガジンへ。

共産党・山添拓議員の書類送検は恣意的な警察権行使か? それともヘマなのか?

公開日: 更新日:

 共産党の山添拓参議院議員が、昨年11月3日に鉄道写真の撮影目的で秩父鉄道の線路内に許可なく立ち入ったとして、埼玉県警は9月16日付で鉄道営業法違反(鉄道地内立ち入り)容疑で書類送検した。

 山添の説明や報道によると、この日は埼玉県長瀞町で電気機関車を臨時運転するイベントが開かれており、地域住民により渡し板がかけられていた箇所を、列車が接近していない時間帯に他の複数の鉄道ファンとともに1秒程度で渡ったとのこと。地域住民による踏み固められた跡があり、道のようになっていたので生活道路の一部と誤解したらしい。

 これには多くの人々が呆れ返ったようだ。埼玉県警に対して、SNSには「総選挙前に共産党のイメージダウンが謀られたのではないか」という意見が多く投稿されていた。「この程度の微罪で1年も経ってから書類送検するのはおかしい」「公安が仕組んだ謀略ではないか」などと。

 たしかに、山添は政権批判の急先鋒だった。安倍晋三による「桜を見る会」の私物化問題や検察庁法案に深く切り込んでもいた。

 しかし、単なる推測と現実を一緒にしてはいけない。たとえ微罪であろうと、法律違反は法律違反である。陰謀論は不毛だし、なんらかの大きな力が働いたとも考えにくい。

 なぜなら今回の件で目立ったのは山添の誠実さであるからだ。彼は事実を丁寧に説明し、何度も謝罪した。それが共産党のイメージアップにつながった可能性もある。

 仮に権力の上層部の意向、あるいは忖度による謀略なら、そんな“へま”はしないだろう。

 問題の本質は、山添とともに線路を横切った「複数の鉄道ファン」が書類送検されたかどうかである。特定の職業の人間が狙い撃ちにされたなら、恣意的な警察権の行使と言わざるを得ない。これは「法の支配」の問題だ。メディアはそこを報じるべきである。

 国家の信頼を根底から揺るがす不祥事を次々と引き起こし、国会で虚偽答弁を続け、説明から逃げ回っている安倍晋三という男がいる。安倍政権下の2015年には首相補佐官が「法的安定性は必要ない」と暴言を吐いた。これは法治国家から人治国家への転落を意味する。恣意的な法の運用は確実に国家の息の根を止める。(敬称略)


◆本コラム待望の書籍化!(9月30日発売・予約受付中)
それでもバカとは戦え」(日刊現代・講談社 1430円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    “移籍志願”発言に揺れる大谷 エ軍は再契約を切望するなら「レイズ」フロント引き抜きを

    “移籍志願”発言に揺れる大谷 エ軍は再契約を切望するなら「レイズ」フロント引き抜きを

  2. 2
    読売テレビ解説委員長の痛烈な「小室圭さん批判」はなぜ急に鳴りを潜めたのか(成城大学教授・森暢平)

    読売テレビ解説委員長の痛烈な「小室圭さん批判」はなぜ急に鳴りを潜めたのか(成城大学教授・森暢平)

  3. 3
    <71>野崎幸助さんの遺体第一発見者は早貴被告「冷たいというかカチンカチン」

    <71>野崎幸助さんの遺体第一発見者は早貴被告「冷たいというかカチンカチン」

  4. 4
    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  5. 5
    専門家もお手上げ? コロナ感染者が急減のナゾ…「減ったように見えるだけ」の指摘も

    専門家もお手上げ? コロナ感染者が急減のナゾ…「減ったように見えるだけ」の指摘も

もっと見る

  1. 6
    小室圭さん問題で責任論も噴出 いまいちよく分からない「宮内庁」職員の“実態”

    小室圭さん問題で責任論も噴出 いまいちよく分からない「宮内庁」職員の“実態”

  2. 7
    おばあちゃんになる山口百恵さん「初孫への想い」長男夫婦が第1子妊娠を発表

    おばあちゃんになる山口百恵さん「初孫への想い」長男夫婦が第1子妊娠を発表

  3. 8
    眞子さまの結婚は「わがまま」なのか…小室圭さんとの入籍に根強い「反対」の声

    眞子さまの結婚は「わがまま」なのか…小室圭さんとの入籍に根強い「反対」の声

  4. 9
    FW大迫勇也の離脱は森保ジャパンには“ケガの功名” アタッカー世代交代の絶好機

    FW大迫勇也の離脱は森保ジャパンには“ケガの功名” アタッカー世代交代の絶好機

  5. 10
    ジリ貧公明が3選挙区で大苦戦、現職閣僚も落選危機!「小選挙区で完全勝利」早くも黄信号

    ジリ貧公明が3選挙区で大苦戦、現職閣僚も落選危機!「小選挙区で完全勝利」早くも黄信号