高野孟
著者のコラム一覧
高野孟ジャーナリスト

1944年生まれ。「インサイダー」編集長、「ザ・ジャーナル」主幹。02年より早稲田大学客員教授。主な著書に「ジャーナリスティックな地図」(池上彰らと共著)、「沖縄に海兵隊は要らない!」、「いま、なぜ東アジア共同体なのか」(孫崎享らと共著」など。メルマガ「高野孟のザ・ジャーナル」を配信中。

菅首相の手法は戦略も戦術も定見もなく「おかしい」尽くし

公開日: 更新日:

 22日の横浜市長選で菅義偉首相の支援を受けた小此木八郎前国家公安委員長が惨敗した原因について、自民党中堅議員に尋ねると、「彼我の現地司令官の違いだ」と言う。

 立憲民主党側の司令官は江田憲司代表代行で、山中竹春候補を発掘し、共産・社民両党や連合も支援する事実上の野党統一候補に仕立て上げ、しかも裏では「ハマのドン」と言われる藤木幸夫やカジノ住民投票署名運動の岡田尚代表らと手を結んで勝てる構図をつくり上げたのは見事だった。

 で、小此木側の司令官は坂井学内閣官房副長官だったのか。

「いや、坂井は自民党横浜市連会長だから、形の上ではそうだが、実際は菅首相ご本人。首相はもともと人に任せることができず、独断専行して上から目線で押しつけるタイプ。ましてや横浜は自分の牙城で、自民系市議36人の中に自分の秘書経験者が5人もいるので、意のままに動かせると思っている。それが今回、裏目に出た」と彼は言う。

 そもそも、前回市長選で「IRは白紙」と訴えて3選を果たした林文子前市長を、任期途中で無理やりIR賛成に転向させたのは菅自身。だったら今回も林を支持しなければおかしいが、高齢だ、多選だなどと言って林を見限った。だったらすぐにでも別の候補を立てなければおかしいのだが、それができずにモタモタするうちに、林がムキになって立候補を表明。それを見て今度は小此木が閣僚の座を捨てて立候補し、しかも「IR反対」で打って出ることに。菅と小此木は、故小此木彦三郎衆議院議員の秘書と三男として兄弟のような関係なので、「出るのだったらIR反対は取り下げろ」と説得しなければおかしいが、それにも失敗。すると何と驚いたことに、自らのIR推進の立場に触れないようにしながら小此木支援を打ち出した。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「Snow Manもジャニーズ退所」ガーシー議員“爆弾”予告の信ぴょう性は? キンプリ3人脱退も「知っていた」

    「Snow Manもジャニーズ退所」ガーシー議員“爆弾”予告の信ぴょう性は? キンプリ3人脱退も「知っていた」

  2. 2
    ジャニーズ“次の震源地”はキスマイか…2大音楽祭を外され、数人の脱退説に現実味

    ジャニーズ“次の震源地”はキスマイか…2大音楽祭を外され、数人の脱退説に現実味

  3. 3
    カナダの女性救命士が延命措置したのは…重傷者が「自分の娘」と気づけなかった残酷な悲劇

    カナダの女性救命士が延命措置したのは…重傷者が「自分の娘」と気づけなかった残酷な悲劇

  4. 4
    松本伊代は落とし穴企画で腰椎圧迫骨折…TV界にはびこる前時代的「いじめ体質」の限界

    松本伊代は落とし穴企画で腰椎圧迫骨折…TV界にはびこる前時代的「いじめ体質」の限界

  5. 5
    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  1. 6
    日本の警察官は中国人に人気がある 目線を合わせて職務質問する動画がSNSで拡散

    日本の警察官は中国人に人気がある 目線を合わせて職務質問する動画がSNSで拡散

  2. 7
    妻殺害容疑で逮捕…“老舗酒蔵のボンボン”長野県議の華麗な経歴とセレブ夫婦の複雑な家庭事情

    妻殺害容疑で逮捕…“老舗酒蔵のボンボン”長野県議の華麗な経歴とセレブ夫婦の複雑な家庭事情

  3. 8
    ブラジルの英雄ロベカルを現地で直撃「コスタリカが勝ったんじゃない!日本が負けたんだ!」

    ブラジルの英雄ロベカルを現地で直撃「コスタリカが勝ったんじゃない!日本が負けたんだ!」

  4. 9
    TBS「ジョブチューン」で酷評されたパンケーキを視聴者が圧倒的に支持! ロイホの回答は?

    TBS「ジョブチューン」で酷評されたパンケーキを視聴者が圧倒的に支持! ロイホの回答は?

  5. 10
    《自由民主党県議団って記載が抜けてますよ》妻殺害容疑の長野県議逮捕報道に相次ぐ疑問

    《自由民主党県議団って記載が抜けてますよ》妻殺害容疑の長野県議逮捕報道に相次ぐ疑問