安倍前首相のせこい計算 桜疑惑は検審「不起訴不当」議決で今後どうなる

公開日: 更新日:

「2016年リオ五輪の閉会式では、マリオに扮してまで機運の盛り上げに一役買ったほど、安倍前首相の五輪へのこだわりは強い。それなのに、五輪が始まってから選手への激励も祝福もない。検審の議決が迫っていたため、あえてコメントしなかったともっぱらです」(永田町関係者)

 トコトンせこいヤツだ。

 検審は議決の中で「一部の参加者の供述だけで参加者全体について寄付を受けた認識がないと判断したのは不十分と言わざるをえない。安倍氏や秘書らの供述だけでなくメールなどの客観的資料も入手したうえで犯意を認定すべきで、不起訴の判断には納得がいかない」と指摘している。特捜部は今後、再捜査し、改めて起訴するか否かを判断する。果たしてどうなるのか。

「特捜部が一度下した不起訴という判断を覆すことは考えづらいと思います。ただ、安倍前首相は、前夜祭参加者の飲食代金の不足分を補填した行為について『会場費に使ったので寄付に当たらない』と説明しましたが、詳細についてはダンマリを決め込んでいる。公選法が禁じる違法な寄付に当たる疑いはぬぐえません。検審を構成する市民はまっとうな判断を下したと言えるでしょう」(元特捜検事の郷原信郎弁護士)

 野党が説明を求める中、ぶら下がり取材に対応した前首相は「当局の対応を静かに見守りたい」と他人事のよう。29日には安全保障などを議題にした日米台の議員有志による「戦略対話」にオンライン参加し台湾の李登輝元総統の一周忌に合わせた訪台も検討中だというが、疑惑の説明が先だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    V争うオリは大迷惑! 公式戦で日ハム斎藤佑樹の引退試合 “三振お約束”にも球界OB苦言

    V争うオリは大迷惑! 公式戦で日ハム斎藤佑樹の引退試合 “三振お約束”にも球界OB苦言

  2. 2
    大越健介キャスターがつまらない! テレ朝「報ステ」は何に遠慮しているのか

    大越健介キャスターがつまらない! テレ朝「報ステ」は何に遠慮しているのか

  3. 3
    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  4. 4
    専門家もお手上げ? コロナ感染者が急減のナゾ…「減ったように見えるだけ」の指摘も

    専門家もお手上げ? コロナ感染者が急減のナゾ…「減ったように見えるだけ」の指摘も

  5. 5
    速報!2021年秋ドラマ前半戦を採点「恋です!」「日本沈没」「スナックキズツキ」

    速報!2021年秋ドラマ前半戦を採点「恋です!」「日本沈没」「スナックキズツキ」

もっと見る

  1. 6
    読売テレビ解説委員長の痛烈な「小室圭さん批判」はなぜ急に鳴りを潜めたのか

    読売テレビ解説委員長の痛烈な「小室圭さん批判」はなぜ急に鳴りを潜めたのか

  2. 7
    ひっそりと存在消された NHK“車上不倫”人気アナカップル

    ひっそりと存在消された NHK“車上不倫”人気アナカップル

  3. 8
    NHK朝ドラ「舞い上がれ!」ヒロインは誰が? 異例オーディション選考に芸能プロは疑心暗鬼

    NHK朝ドラ「舞い上がれ!」ヒロインは誰が? 異例オーディション選考に芸能プロは疑心暗鬼

  4. 9
    眞子さま結婚で皇位継承さらに先細り…「旧宮家の復活」「愛子さまとの養子縁組」って何だ?

    眞子さま結婚で皇位継承さらに先細り…「旧宮家の復活」「愛子さまとの養子縁組」って何だ?

  5. 10
    引退する日本ハム斎藤佑樹はなぜプロで活躍できなかったか

    引退する日本ハム斎藤佑樹はなぜプロで活躍できなかったか