1.5億円めぐり二階サイド爆弾発言 選対委員長が広島を担当

公開日: 更新日:

 内輪モメか、それとも責任の所在をウヤムヤにする猿芝居なのか。

 2019年の参院選をめぐる公職選挙法違反の罪で有罪が確定し、当選無効になった河井案里元参院議員の陣営に党本部から1億5000万円の選挙資金が投入されていた問題で、自民党の二階幹事長が17日の会見で突然、「私は関与していない」と言い出した。

 しかも、会見に同席した林幹雄幹事長代理が二階氏の説明を補足し、「当時の選対委員長が広島を担当していた」と爆弾発言だ。当時、選対委員長を務めていたのは、安倍前首相の盟友である甘利税調会長。河井夫妻の事件を主導したのは安倍・甘利ルートだと明かしたに等しい。

 名指しされた甘利氏は18日、記者団に「1ミリも、正確に言えば1ミクロンも関わっていない」と釈明。こういう時に「2万%」とか「1ミクロン」とか極端な表現で断言するヤカラは得てして嘘つきな傾向があるが、甘利氏は「党から(1・5億円が)給付された事実も知らない」と関与を全否定している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    新庄は初任給で買ったグラブを引退まで使い続けた「これがダメになったら野球をやめる時」

    新庄は初任給で買ったグラブを引退まで使い続けた「これがダメになったら野球をやめる時」

  2. 2
    万引誤認でウォルマート訴え勝訴 米アラバマ州の女性がゲットした巨額賠償金はいくら?

    万引誤認でウォルマート訴え勝訴 米アラバマ州の女性がゲットした巨額賠償金はいくら?

  3. 3
    秋篠宮さま会見に英メディア「反発招いたのは眞子さんが初めて」と日本の価値観の古さ指摘

    秋篠宮さま会見に英メディア「反発招いたのは眞子さんが初めて」と日本の価値観の古さ指摘

  4. 4
    「日本沈没」の主人公たちのマヌケっぷりにだいぶ冷めてきました

    「日本沈没」の主人公たちのマヌケっぷりにだいぶ冷めてきました

  5. 5
    岸田首相のオトモダチだから? 石原伸晃氏の“失業対策”か…内閣官房参与に任命のナゼ

    岸田首相のオトモダチだから? 石原伸晃氏の“失業対策”か…内閣官房参与に任命のナゼ

もっと見る

  1. 6
    “日大のドン”が書き残した「田中メモ」の中身 スポーツ界・政界の面々はビクビク

    “日大のドン”が書き残した「田中メモ」の中身 スポーツ界・政界の面々はビクビク

  2. 7
    西武38歳「おかわりくん」中村剛也 “減額2年契約”で更改のカラクリ

    西武38歳「おかわりくん」中村剛也 “減額2年契約”で更改のカラクリ

  3. 8
    “ただの人”石原伸晃氏が内閣官房参与に 議員バッジなくてもウハウハな自民党のうまみ

    “ただの人”石原伸晃氏が内閣官房参与に 議員バッジなくてもウハウハな自民党のうまみ

  4. 9
    世界の相場急落で「ローリスク・ハイリターン」を狙う好機

    世界の相場急落で「ローリスク・ハイリターン」を狙う好機

  5. 10
    「いきなり!ステーキ」黒字化に水差す“予告なし値上げ”…客離れ加速で復活また遠のくか

    「いきなり!ステーキ」黒字化に水差す“予告なし値上げ”…客離れ加速で復活また遠のくか