ミャンマーで解放された北角裕樹さんと橋下徹氏の深い関係

公開日: 更新日:

 クーデターにより国軍が全権を掌握したミャンマーで、「フェイクニュース」を広めた罪で起訴され、刑務所に収監されていたフリージャーナリストの北角裕樹氏(45)が14日、帰国した。到着した成田空港で「ヤンゴンで起こっていることを伝えたい気持ちがあったが、帰国せざるを得なくなり、悔しい気持ちもある」と疲れた表情を見せていたが、一方でそのキャリアに注目が集まっている。「元橋下番」で、橋下徹元大阪市長肝いりの「民間人公募校長」で採用された大阪市立巽中学(生野区)の元校長だったからだ。

 ミャンマーの国営テレビは13日夜、「ミャンマーと日本の友好や今後の両国の将来の関係を考慮し、解放される」と報道。先月18日に逮捕されて以来、26日ぶりの解放となった。

 北角さんは元日本経済新聞記者で、2014年からミャンマーに移り住み、クーデターに抗議する市民のデモを取材。SNSや日本のメディアへ情報を発信していた。日経時代は社会部や消費産業部に所属。橋下が大阪府知事時代、取材した経験がある。

■就任から1年3カ月で退職

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    大坂なおみ正念場…辣腕コーチとの契約終了は「愛想を尽かされた」ということ

    大坂なおみ正念場…辣腕コーチとの契約終了は「愛想を尽かされた」ということ

  2. 2
    「アイデア泥棒ではないか」就活生から企業に向けて怒りや不満の声が漏れるワケ

    「アイデア泥棒ではないか」就活生から企業に向けて怒りや不満の声が漏れるワケ

  3. 3
    旧統一教会・田中会長“言い訳会見”に重大なウソ 会見弁護団・国民生活センターが次々指摘

    旧統一教会・田中会長“言い訳会見”に重大なウソ 会見弁護団・国民生活センターが次々指摘

  4. 4
    佳子さまに“間違いないお相手”とのお忍び愛報道 眞子さんと「同じ選択」なら秋篠宮家どうなる

    佳子さまに“間違いないお相手”とのお忍び愛報道 眞子さんと「同じ選択」なら秋篠宮家どうなる

  5. 5
    原監督が巨人の“聖域”をブチ壊し…よりによって中田翔が「第91代4番」の衝撃

    原監督が巨人の“聖域”をブチ壊し…よりによって中田翔が「第91代4番」の衝撃

  1. 6
    「反日のエセ保守」である安倍政権で一貫していた「日本を破壊する」という強い意志

    「反日のエセ保守」である安倍政権で一貫していた「日本を破壊する」という強い意志

  2. 7
    岸田首相と旧統一教会関係者の2ショット写真拡散!内閣改造をブチ壊す“脇の甘さ”に不安の声

    岸田首相と旧統一教会関係者の2ショット写真拡散!内閣改造をブチ壊す“脇の甘さ”に不安の声

  3. 8
    キムタクは「おじさん構文」にピリピリ? インスタからすっかり絵文字が消えたナゼ

    キムタクは「おじさん構文」にピリピリ? インスタからすっかり絵文字が消えたナゼ

  4. 9
    旧統一教会と接点ある副大臣・政務官は20人! カミングアウトしていない「3人の名前」

    旧統一教会と接点ある副大臣・政務官は20人! カミングアウトしていない「3人の名前」

  5. 10
    山際経済再生相 内閣改造前は旧統一教会との癒着“完黙”→留任後カミングアウトの超悪質

    山際経済再生相 内閣改造前は旧統一教会との癒着“完黙”→留任後カミングアウトの超悪質