三原じゅん子氏“行方不明”で騒然 本質的問題は委員会軽視

公開日: 更新日:

 参院厚生労働委員会は13日、三原じゅん子厚労副大臣が審議に約30分遅刻し、野党が反発したため、予定していた医療法改正案の採決を見送った。その余波で、14日の参院本会議で菅義偉首相が出席して行うことになっていた医療制度改革関連法案の趣旨説明・質疑も先送りとなった。

■野党は反発

 厚労委は午前の審議の後、昼の休憩を挟み、午後1時半に再開。しかし、三原氏がいないため野党側が理由を尋ねたところ、厚労省職員も所在を把握しておらず「行方不明」の状態が続いた。三原氏は同2時ごろに到着したが、審議は中断。野党は、医療法改正案の採決を終える前に医療制度改革関連法案の審議に入ることにも反対した。

 関係者によると、三原氏は厚労省内で開かれた会議に出席していたという。

 その後、夜になって三原氏が厚労委員会側に正式に欠席の手続きをすませていたことが判明。今度は審議遅れの責任を野党に押しつける声がSNSで拡散した。

 しかし、むしろ重要法案の採決直前の審議にもかかわらず、自分一人だけなら休んでも構わないと厚労副大臣の三原氏が考えていたことこそが問題だろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    白鵬「進退の意味わかった」に透ける引退先送りの悪あがき

  2. 2

    「最高のオバハン」大地真央の驚異の若さと気になる夫婦仲

  3. 3

    丸川五輪相“ああ勘違い”空回り 妄言連発に自民からも苦言

  4. 4

    キャバクラ通い朝乃山 厳罰招いたウソと大関復帰の可能性

  5. 5

    海外プレス入国申請コピペ証拠入手 丸川大臣ドヤ顔否定

  6. 6

    白鵬窮地…照ノ富士と貴景勝に7月場所後横綱同時昇進の目

  7. 7

    鈴木亮平の勝負は日曜劇場…「ドラゴン桜」と薄い毒が懸案

  8. 8

    ビートたけしが菅政権に大苦言「五輪強行は晩年の日本兵」

  9. 9

    吉岡里帆“どんぎつね”はバズるのに主演作が続々苦戦のワケ

  10. 10

    国会延長を拒否した菅首相、三原副大臣、平井大臣の二枚舌

もっと見る