文化庁「芸術院にメス」は学術会議“骨抜き”への足掛かり

公開日: 更新日:

 菅政権がまたぞろ怪しい動きだ。「透明化」の掛け声の下、芸術家の殿堂と呼ばれる「日本芸術院」にメスを入れる。任命拒否問題で対立を深める日本学術会議の骨抜きに向け、足掛かりにする思惑はミエミエだ。

 芸術院の新会員選考のあり方などを検討している文化庁の有識者会議は12日、外部の意見も反映される見直し案を大筋了承した。現役会員推薦と会員投票が前提となる現行の選挙方式を改め、外部有識者による「推薦委員会」を新設。外部推薦と会員推薦の候補者を「選考委員会」で絞り込み、会員投票で決定する仕組みとなる見通しだ。

 それにしても、100年超の歴史を誇る国の機関を変える動きはハイペースだ。発端は昨年11月の国会審議。学術会議問題を巡り、芸術院にも「閉鎖的」「既得権」などと批判が向かうと、萩生田文科相は今年1月に有識者会議を立ち上げ、半年足らずで改革案をまとめるスピード決着だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    白鵬「進退の意味わかった」に透ける引退先送りの悪あがき

  2. 2

    丸川五輪相“ああ勘違い”空回り 妄言連発に自民からも苦言

  3. 3

    「最高のオバハン」大地真央の驚異の若さと気になる夫婦仲

  4. 4

    海外プレス入国申請コピペ証拠入手 丸川大臣ドヤ顔否定

  5. 5

    キャバクラ通い朝乃山 厳罰招いたウソと大関復帰の可能性

  6. 6

    また五輪“特権扱い” サーフィン会場でドンチャン騒ぎ容認

  7. 7

    白鵬窮地…照ノ富士と貴景勝に7月場所後横綱同時昇進の目

  8. 8

    鈴木亮平の勝負は日曜劇場…「ドラゴン桜」と薄い毒が懸案

  9. 9

    ビートたけしが菅政権に大苦言「五輪強行は晩年の日本兵」

  10. 10

    吉岡里帆“どんぎつね”はバズるのに主演作が続々苦戦のワケ

もっと見る