室井佑月
著者のコラム一覧
室井佑月作家

1970年、青森県生まれ。銀座ホステス、モデル、レースクイーンなどを経て97年に作家デビュー。TBS系「ひるおび!」木曜レギュラーほか各局の情報番組に出演中。著書に「ママの神様」(講談社)、「ラブ ファイアー」(集英社文庫)など。

ボランティア辞退に意向確認 もはや東京五輪は“真っ黒”だ

公開日: 更新日:

『辞退を申し出た人間に対しての再度の「意向確認」って、ストーカー行為に当たらないのだろうか。』(小田嶋隆・コラムニスト)

 これは3月2日の小田嶋さんのツイッターの言葉。なにに対してかは、その前に書かれていた。

 同日配信の『NHK NEWS WEB』の『(東京オリンピッック)辞退のボランティアに(都が)意向確認へ』という記事を持ってきて、その後に前出の発言だ。

 うんうん、あたしもそう思う。嫌だっていってるんだから、もう嫌なんじゃんっ。

 理由ならたくさんあるでしょ、森氏の女性蔑視発言、森氏の年6000万円のオリンピック関係からの献金問題、二階幹事長のボランティアは足りなくなったら補充すればいい発言、4兆円を越すかもしれない増えつづける開催費の闇、東京五輪の政治利用、仲良し企業の不透明な金の中抜き……まだまだあるわい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    LiSAの夫・鈴木達央が一部活動を休止 鈴木の不倫報道でアニメファンが「最も許せなかったこと」

  2. 2

    離婚3カ月の前田敦子が新恋人と“半同棲”発覚で…「令和の松田聖子」まっしぐら!

  3. 3

    和久田麻由子vs桑子真帆 NHK五輪アナの「紅白」司会争奪戦の熾烈

  4. 4

    比嘉愛未が代役「推しの王子様」パッとせず…深田恭子の人気が根強い裏返し?

  5. 5

    巨人が五輪のウラで新助っ人獲得画策 前レッズ3Aのハイネメン加入が決定的

  6. 6

    組織委・武藤事務総長またトンデモ発言!五輪コロナ感染264人を「想定内」と豪語し大炎上

  7. 7

    五輪アスリートに評判上々の選手村食堂 受託先が「50年1社独占」のナゾ

  8. 8

    “感染症ムラのドン”組織委専門家会議・岡部信彦座長の「パラ中止を」発言は菅官邸の世論形成か

  9. 9

    東京都の協力金先払いに飲食業者から怨嗟の声!「一律112万円」などスズメの涙

  10. 10

    伊東美咲の12年ぶりテレビ復帰にザワつくファン…篠原涼子の離婚直後で憶測に拍車

もっと見る