郷原信郎
著者のコラム一覧
郷原信郎弁護士

元東京地検特捜部検事。1955年、島根県生まれ。東大理学部卒。83年検事任官。「告発の正義」(ちくま新書)、「虚構の法治国家」(講談社)など著書多数。

安倍前首相は潔く議員辞職すべき…秘書は罰金刑で済まない

公開日: 更新日:

桜を見る会」前夜祭における費用補填をめぐる問題で、東京地検特捜部は、12月21日に安倍晋三前首相本人の事情聴取を行い、同24日に不起訴処分とし、配川博之公設第1秘書を政治資金規正法違反(収支報告書不記載)で略式起訴した。

 安倍氏の不起訴について検察は「収支報告書の作成に関与し、不記載を認識していたという証拠はない」と説明している。しかし、安倍氏が費用補填を知らなかったとすれば、費用補填について、その公設秘書から虚偽説明を受けていたことになる。秘書は毎年、前夜祭の費用を政治資金で補填していたのに、政治資金収支報告書に記載しないという「犯罪」を独断で繰り返し、昨年秋、国会での追及を受けた際に、安倍氏から費用補填の有無について説明を求められて虚偽説明をし、首相としての国会答弁で虚偽答弁を続けさせたというのだろうか、そうだとすれば、まさに「憲政史上、最低・最悪の公設秘書」だったことになる。

 本当に「独断」だったのだとすれば、刑事処分も、略式起訴・罰金で済むとは思えない。何年間にもわたって、「単独犯」で前夜祭の費用補填についての収支報告書不記載の犯罪を重ねた上に、安倍氏にも虚偽説明をして国会で虚偽答弁させ、今年春の収支報告書を提出するに当たっても、安倍氏に無断で、昨年春の「前夜祭」の収支を記載せずに報告書を提出したことになる。それが、すべて秘書の独断で行われた犯罪の発覚を免れるための隠蔽行為だったとすれば、犯罪の情状は最悪であり、不記載の総額が3000万円程度であっても、罰金で済まされるとは思えない。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「Snow Manもジャニーズ退所」ガーシー議員“爆弾”予告の信ぴょう性は? キンプリ3人脱退も「知っていた」

    「Snow Manもジャニーズ退所」ガーシー議員“爆弾”予告の信ぴょう性は? キンプリ3人脱退も「知っていた」

  2. 2
    ジャニーズ“次の震源地”はキスマイか…2大音楽祭を外され、数人の脱退説に現実味

    ジャニーズ“次の震源地”はキスマイか…2大音楽祭を外され、数人の脱退説に現実味

  3. 3
    カナダの女性救命士が延命措置したのは…重傷者が「自分の娘」と気づけなかった残酷な悲劇

    カナダの女性救命士が延命措置したのは…重傷者が「自分の娘」と気づけなかった残酷な悲劇

  4. 4
    松本伊代は落とし穴企画で腰椎圧迫骨折…TV界にはびこる前時代的「いじめ体質」の限界

    松本伊代は落とし穴企画で腰椎圧迫骨折…TV界にはびこる前時代的「いじめ体質」の限界

  5. 5
    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  1. 6
    日本の警察官は中国人に人気がある 目線を合わせて職務質問する動画がSNSで拡散

    日本の警察官は中国人に人気がある 目線を合わせて職務質問する動画がSNSで拡散

  2. 7
    妻殺害容疑で逮捕…“老舗酒蔵のボンボン”長野県議の華麗な経歴とセレブ夫婦の複雑な家庭事情

    妻殺害容疑で逮捕…“老舗酒蔵のボンボン”長野県議の華麗な経歴とセレブ夫婦の複雑な家庭事情

  3. 8
    ブラジルの英雄ロベカルを現地で直撃「コスタリカが勝ったんじゃない!日本が負けたんだ!」

    ブラジルの英雄ロベカルを現地で直撃「コスタリカが勝ったんじゃない!日本が負けたんだ!」

  4. 9
    TBS「ジョブチューン」で酷評されたパンケーキを視聴者が圧倒的に支持! ロイホの回答は?

    TBS「ジョブチューン」で酷評されたパンケーキを視聴者が圧倒的に支持! ロイホの回答は?

  5. 10
    《自由民主党県議団って記載が抜けてますよ》妻殺害容疑の長野県議逮捕報道に相次ぐ疑問

    《自由民主党県議団って記載が抜けてますよ》妻殺害容疑の長野県議逮捕報道に相次ぐ疑問