コンサル派遣で病院支援…官民ファンド“焼け太り”の裏事情

公開日: 更新日:

 誰のための“支援”なのか――。

 政府が官民ファンド「地域経済活性化支援機構」(REVIC)を通じて、コロナ禍で経営が逼迫している医療機関の支援に乗り出す。医療機関に融資を行う独立行政法人「福祉医療機構」とREVICがタッグを組み、資金面・経営面からサポートするという。聞こえはいいが、その実態は官民ファンドの“焼け太り”。現場の医師からは憤りの声が上がっている。

 内閣府所管のREVICが手掛ける案件は主に、中小企業などの事業再生や債務整理。地域経済の立て直しに特化しているが、今回のミッションはコロナ禍で経営の傾いた病院の経営再建。REVICは病院支援について「経営の専門チームを派遣し、ヘルスケア産業や医療機関の再生で培ったノウハウを生かしてアドバイスをする」(企画調整室長)という。

 しかし、病院が赤字になっている原因は新型コロナウイルスの感染拡大だ。病院の経営体質がマズイから赤字になっているわけではない。つまり、政府のやろうとしている病院支援は、現場の実態とかみ合っていないのだ。医療ガバナンス研究所理事長の上昌広氏がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    退社発表の日テレ桝太一アナに「やっぱりね」の声 隠しきれなかった博識エピソード

    退社発表の日テレ桝太一アナに「やっぱりね」の声 隠しきれなかった博識エピソード

  2. 2
    グラドル清水あいり 月収3ケタ公表前の壮絶貧乏生活「真っ暗な部屋で号泣しました」

    グラドル清水あいり 月収3ケタ公表前の壮絶貧乏生活「真っ暗な部屋で号泣しました」

  3. 3
    蒼井そら発掘 数万人をAV女優にして逮捕された大手プロ社長の「目利きと商魂」

    蒼井そら発掘 数万人をAV女優にして逮捕された大手プロ社長の「目利きと商魂」

  4. 4
    三田寛子「卒婚宣言」の現実味…夫・中村芝翫3度目不倫報道、もう神対応はみられない?

    三田寛子「卒婚宣言」の現実味…夫・中村芝翫3度目不倫報道、もう神対応はみられない?

  5. 5
    「ポスト水卜麻美」岩田絵里奈アナに有名俳優との“黒歴史”

    「ポスト水卜麻美」岩田絵里奈アナに有名俳優との“黒歴史”

もっと見る

  1. 6
    ギネスを目指すロシアの“超大型ネコ” 成長中メインクーンの体重は12.5キロ!

    ギネスを目指すロシアの“超大型ネコ” 成長中メインクーンの体重は12.5キロ!

  2. 7
    キンプリとSnow Manの冠番組を比較検証 バラエティー番組での「嵐の後継者」はどっち?

    キンプリとSnow Manの冠番組を比較検証 バラエティー番組での「嵐の後継者」はどっち?

  3. 8
    ハチミツ二郎さんが告白 コロナ感染から1年以上経った今も「手のしびれ、倦怠感が…」

    ハチミツ二郎さんが告白 コロナ感染から1年以上経った今も「手のしびれ、倦怠感が…」

  4. 9
    米国に37歳差カップル誕生 年上彼女は「彼の子供を産みたい!」

    米国に37歳差カップル誕生 年上彼女は「彼の子供を産みたい!」

  5. 10
    竹下景子がコロナ陽性も“マスコミ自粛警察”は下火に…芸能人が積極的に感染報告のナゼ

    竹下景子がコロナ陽性も“マスコミ自粛警察”は下火に…芸能人が積極的に感染報告のナゼ