昭恵夫人 居酒屋は小池号令厳守も“闇紳士”逮捕で疑惑再燃

公開日: 更新日:

 東京都が3日から要請している飲食店の時短営業。酒類を提供する店は午後10時までと“クギ”を刺されたことで気になるのは、あの店の動向だ。安倍首相の妻・昭恵夫人がオーナーを務める和食居酒屋「UZU」(千代田区)である。

 日刊ゲンダイ記者が営業時間に「UZU」の前を訪れると、まず目に留まったのは、入り口の扉に張られた〈営業時間のお知らせ〉の注意書き。普段は午後11時まで営業しているが、都の要請に応じ、〈しばらくの間、営業時間を17時から22時とさせていただきます〉とある。「3密」回避のためか、〈席の都合上、御予約のお客様のみのご案内とさせていただきます〉との徹底ぶりだ。

 入り口横の窓はカーテンで閉め切られていたため、店内の様子はうかがい知れなかったが、窓には小池知事肝いりの都の「感染防止徹底宣言ステッカー」が貼ってあった。時短営業にステッカーと、小池知事の言いつけを厳守するあたり、都の協力金20万円をもらう気マンマンなのだろう。

 しかし、血税が原資の補償を求めている場合なのか。UZUが時短営業中に“昭恵案件”が再燃。昭恵夫人の関連会社に資金を援助していた“闇紳士”が逮捕されたのだ。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    TKO木本武宏“投資トラブル”関係者が不審死…首謀者が有名芸能人の娘と交際、被害額30億円超に拡大の噂

    TKO木本武宏“投資トラブル”関係者が不審死…首謀者が有名芸能人の娘と交際、被害額30億円超に拡大の噂

  2. 2
    加藤浩次の次は谷原章介がさようなら?「めざまし8」での“失言”が命取りになりかねない

    加藤浩次の次は谷原章介がさようなら?「めざまし8」での“失言”が命取りになりかねない

  3. 3
    「X JAPANはどうなる?」YOSHIKIの肩透かし“重大発表”にファンはガッカリ…

    「X JAPANはどうなる?」YOSHIKIの肩透かし“重大発表”にファンはガッカリ…

  4. 4
    奴隷根性の表れか、尊い行動か…W杯日本人サポーターの“ゴミ拾い”めぐりSNSで場外乱闘

    奴隷根性の表れか、尊い行動か…W杯日本人サポーターの“ゴミ拾い”めぐりSNSで場外乱闘

  5. 5
    「煽り」「乗っかり」「釣り」も不発に終わり…不登校YouTuberゆたぼんの今後をファン憂う

    「煽り」「乗っかり」「釣り」も不発に終わり…不登校YouTuberゆたぼんの今後をファン憂う

  1. 6
    総工費30億円・秋篠宮邸の改修コスト問題があがるが…“将来の皇太子”悠仁さまに引き継がれる妥当感

    総工費30億円・秋篠宮邸の改修コスト問題があがるが…“将来の皇太子”悠仁さまに引き継がれる妥当感

  2. 7
    SNSにあふれる団塊ジュニアの悲哀ツイート…「こんな世の中に誰がした」

    SNSにあふれる団塊ジュニアの悲哀ツイート…「こんな世の中に誰がした」

  3. 8
    「替え玉受験」横行する中で…京大卒・関西電力エリート会社員が目をつけられた理由

    「替え玉受験」横行する中で…京大卒・関西電力エリート会社員が目をつけられた理由

  4. 9
    ブラジルの英雄ネイマール“専売特許”過剰演技を封印!W杯の長すぎるロスタイムで世界が注目

    ブラジルの英雄ネイマール“専売特許”過剰演技を封印!W杯の長すぎるロスタイムで世界が注目

  5. 10
    前回大会も1次リーグで全滅…カタールW杯でも白星ゼロのアフリカ勢が精彩を欠く理由

    前回大会も1次リーグで全滅…カタールW杯でも白星ゼロのアフリカ勢が精彩を欠く理由