2020米大統領選 出馬説急浮上のヒラリーに勝算はあるか?

公開日: 更新日:

 ホントにもう一度、チャレンジするのか。ヒラリー・クリントン元国務長官(72)の大統領選“再出馬説”が急浮上している。

 ヒラリー自身が10月上旬、出演したテレビ番組で「トランプ大統領と再び対決すべきかも。もちろん私が勝ちますが」と、冗談めかした口調だったが、ハッキリと発言したのだ。

 さらに、夫であるビル・クリントン元大統領(73)の政策顧問だったコンサルタント、ディック・モリス氏が27日、ラジオ番組で「彼女は出馬したがっているし、計画を進めている」と明らかにした。

 ヒラリーの出馬について、国際ジャーナリストの堀田佳男氏はこう言う。

「彼女が来年11月に行われる大統領選に手を挙げる可能性はゼロではないと思います。ラジオ番組で彼女の出馬意欲を明かしたディック・モリス氏は、アメリカでは有名人で、いい加減なことを口にする人物ではありません。民主党の候補者を決める予備選は、来年2月3日からスタートします。彼女の知名度があれば、今からでも間に合います」

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    次女・石橋静河強し!ドラマ界席巻する“石橋ファミリー”が乗り越えた「21年前の隠し子騒動」

    次女・石橋静河強し!ドラマ界席巻する“石橋ファミリー”が乗り越えた「21年前の隠し子騒動」

  2. 2
    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  3. 3
    ロシアの村で36歳男性が教会に放火…明らかにされた犯行動機にビックリ仰天!

    ロシアの村で36歳男性が教会に放火…明らかにされた犯行動機にビックリ仰天!

  4. 4
    ナイナイ岡村隆史「5カ月休養」の真実…一時は重病説まで飛び交った

    ナイナイ岡村隆史「5カ月休養」の真実…一時は重病説まで飛び交った

  5. 5
    山陽電鉄内で全裸盗撮事件 女性車掌が同僚男のクズ依頼を「断れなかった」切ない理由

    山陽電鉄内で全裸盗撮事件 女性車掌が同僚男のクズ依頼を「断れなかった」切ない理由

  1. 6
    上原多香子は女優復帰、今井絵理子は再婚間近…元「SPEED」メンバーそれぞれの現在地

    上原多香子は女優復帰、今井絵理子は再婚間近…元「SPEED」メンバーそれぞれの現在地

  2. 7
    フェンシング日本代表“沖縄レジャー合宿”発覚 問われる武井壮会長と太田雄貴前会長の責任

    フェンシング日本代表“沖縄レジャー合宿”発覚 問われる武井壮会長と太田雄貴前会長の責任

  3. 8
    山﨑賢人に広瀬すずとの“半同棲”報道 「焼き肉デート」の土屋太鳳とはどうなった?

    山﨑賢人に広瀬すずとの“半同棲”報道 「焼き肉デート」の土屋太鳳とはどうなった?

  4. 9
    ジャガー横田の長男・大維志君が進学した長野県「偏差値66」私立高校の評判

    ジャガー横田の長男・大維志君が進学した長野県「偏差値66」私立高校の評判

  5. 10
    元売りへの補助金が当初予算の20倍に…「だったらガソリン税を下げろ!」が有権者の願い

    元売りへの補助金が当初予算の20倍に…「だったらガソリン税を下げろ!」が有権者の願い