片山さつき氏入閣で限界露呈 安倍政権“自滅”は時間の問題

公開日: 更新日:

 2日の内閣改造と党役員人事で、安倍政権の限界がハッキリ見えた。どんなに立派に見える家でも、屋台骨にガタがきているのに放っておいたら、内側から崩れ落ちるのは必定だ。ガラクタ素材で補強したところで、どうにもならない。

 改造人事について、安倍首相は「しっかりとした土台の上に、幅広い人材を適材適所で」と言い続けてきた。「土台を固める」という方針で、政権の屋台骨である菅官房長官と麻生財務相、二階幹事長の留任を真っ先に決めたのだ。

「ただでさえ二階は79歳、麻生は78歳と高齢で、この2人が踏ん張っているかぎり、党内の世代交代が進まない。しかも、政権の“花形ポスト”である官房長官と財務相は第2次安倍政権発足時から一度も交代がなく、お鉢が回ってこない待機組の不満は爆発寸前でした。それでも政権が力を持っていれば誰も文句を言えなかったのですが、今回は空気が違う。相変わらずのオトモダチ重用人事に、党内で怒りの声が渦巻いています」(自民党の閣僚経験者)

■腐った屋台骨をガラクタで…

 今回、初入閣が決まったのは、お騒がせ議員の片山さつき氏、安倍首相の首相補佐官や総裁特別補佐を務めてきた茶坊主の柴山昌彦氏、極右仲間の桜田義孝氏、スマホ向けゲームの「あべぴょん」を開発したという平井卓也氏……。その他は、組閣のたびに名前だけは挙がる宮腰光寛氏や原田義昭氏、吉川貴盛氏ら滞貨一掃組がズラリだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    キンプリ脱退であいた“CMの穴”に「なにわ男子」をジャニーズ事務所が猛プッシュ?

    キンプリ脱退であいた“CMの穴”に「なにわ男子」をジャニーズ事務所が猛プッシュ?

  2. 2
    巨人大盤振る舞いのナゼ? 中田翔「年俸倍増3億円・3年契約」への疑問

    巨人大盤振る舞いのナゼ? 中田翔「年俸倍増3億円・3年契約」への疑問

  3. 3
    織田信成モラハラ裁判で浮き彫りに…フィギュアスケート界が抱える「闇」

    織田信成モラハラ裁判で浮き彫りに…フィギュアスケート界が抱える「闇」

  4. 4
    「silent」で話題 夏帆の評価がようやく才能と一致…新井浩文との熱愛など人生すったもんだ

    「silent」で話題 夏帆の評価がようやく才能と一致…新井浩文との熱愛など人生すったもんだ

  5. 5
    第1子妊娠の戸田恵梨香 引退におわせは「コンプラ疲れ」か「家庭優先」か

    第1子妊娠の戸田恵梨香 引退におわせは「コンプラ疲れ」か「家庭優先」か

  1. 6
    敗血症で死去の渡辺徹さん…”献身妻”榊原郁恵との離婚危機報道の真相は?

    敗血症で死去の渡辺徹さん…”献身妻”榊原郁恵との離婚危機報道の真相は?

  2. 7
    日本シリーズ連覇狙う谷原秀人 今季はLIVゴルフで“甘い汁”吸うも…来季は用無しに

    日本シリーズ連覇狙う谷原秀人 今季はLIVゴルフで“甘い汁”吸うも…来季は用無しに

  3. 8
    俳優・渡辺徹さんが死去…妻・榊原郁恵さんとは“酒をめぐる口喧嘩”が交際のきっかけだった

    俳優・渡辺徹さんが死去…妻・榊原郁恵さんとは“酒をめぐる口喧嘩”が交際のきっかけだった

  4. 9
    山川穂高は複数年を拒否、平良は保留……西武「一難去ってまた一難」の憂鬱

    山川穂高は複数年を拒否、平良は保留……西武「一難去ってまた一難」の憂鬱

  5. 10
    広島1位・斉藤優汰 女手ひとつで育った特進クラス1位“超優等生”の伸びしろと弱点

    広島1位・斉藤優汰 女手ひとつで育った特進クラス1位“超優等生”の伸びしろと弱点