米ペンタゴンが指摘 “11日失踪”プーチン大統領の「真の病名」

公開日: 更新日:

「ウワサでもなければ、つまらないでしょ」

 姿をくらませていたプーチン大統領が16日、キルギスのアタムバエフ大統領との会談に登場。意味深発言で11日間にわたる失踪をケムに巻いた。
 その間、政治日程を相次いでキャンセルしたことで、重病説や死亡説などが飛び交い、ネット上では「プーチンを捜せ」が世界のネタになっていた。何をしていたのか。

「12年後半に外交日程をキャンセルした時も、重病説が浮上。複数の当局者が腰痛治療を盾に否定したことから、今回も腰痛説が出ているのです。しかし、その線は薄い。気になるのは、姿を現した前日15日にテレビ発言(録画)で<昨年のウクライナ政変で、核攻撃を準備した>と明言したことで、もっと裏があるとみられます」(欧州筋)

 注目は、米国防総省が08年にまとめたプーチンに関する報告書。2月4日に公開され、「プーチンはアスペルガー症候群」というのだ。

「執筆者の米海軍大のブレンダ・コナーズ氏は、プーチンの体の動きや表情から病状を判断。<危機的状況が起きると、自分を落ち着かせ、事態を理解するため、極度の自制に転じる>と結んでいます。要は、危険から引きこもるのですが、その一例として、00年のバレンツ海での原潜沈没事故を挙げている。当時のプーチンは事故を無視し、休暇を続行したのです」(在米ジャーナリスト)

 アスペルガー症候群は脳の病気で、子供に多いが、成人患者だと、忙しさに気づかず、ひとりで離れてしまうのが特徴的な症状のひとつ。まさかとは思うが……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    風吹ジュン70歳の今も高支持率の女優人生…私生活では実父と夫の不倫問題を乗り越えた

    風吹ジュン70歳の今も高支持率の女優人生…私生活では実父と夫の不倫問題を乗り越えた

  2. 2
    新種のクラゲ? パプアニューギニアで発見された謎の生物が話題

    新種のクラゲ? パプアニューギニアで発見された謎の生物が話題

  3. 3
    ヤクルト村上を支える「5番サンタナ」が今オフの目玉に! 引き留められるか、争奪戦か?

    ヤクルト村上を支える「5番サンタナ」が今オフの目玉に! 引き留められるか、争奪戦か?

  4. 4
    小栗旬が米国に再移住を決めた裏に…“大好きな先輩”西島秀俊の些細なひと言

    小栗旬が米国に再移住を決めた裏に…“大好きな先輩”西島秀俊の些細なひと言

  5. 5
    「期限前トレード」はダイヤの原石を出してポンコツをつかまされるケースが多い

    「期限前トレード」はダイヤの原石を出してポンコツをつかまされるケースが多い

  1. 6
    大魔神・佐々木主浩の驚愕発言「自分は先発投手の家族も養っている気持ちで投げている」

    大魔神・佐々木主浩の驚愕発言「自分は先発投手の家族も養っている気持ちで投げている」

  2. 7
    元トレンディー女優・浅野ゆう子がたどり着いた“幸せ太り”の境地…年下実業家と熟年婚から4年

    元トレンディー女優・浅野ゆう子がたどり着いた“幸せ太り”の境地…年下実業家と熟年婚から4年

  3. 8
    内閣改造“脱・旧統一教会”の真価を占う2つの最重要ポスト 現職2閣僚は教団と関わりが

    内閣改造“脱・旧統一教会”の真価を占う2つの最重要ポスト 現職2閣僚は教団と関わりが

  4. 9
    自民党と旧統一教会「関係ない」から一転…茂木幹事長“手のひら返し”発言に批判殺到

    自民党と旧統一教会「関係ない」から一転…茂木幹事長“手のひら返し”発言に批判殺到

  5. 10
    萩生田経産相に岸田首相が政調会長を打診する「別の狙い」 アベノミクス脱却だけじゃない!

    萩生田経産相に岸田首相が政調会長を打診する「別の狙い」 アベノミクス脱却だけじゃない!