安倍派裏金公判で被告の会計責任者がにおわせ…還流再開めぐる「細田・安倍・下村の動き」とリンクする森元首相

公開日: 更新日:

 自民党清和会(安倍派)の裏金事件で政治資金規正法違反罪(虚偽記入)に問われた会計責任者の松本淳一郎被告の公判。18日に行われた弁護側の被告人質問で明かされたのが政治資金パーティーに関する会長の指示、販売ノルマ超過分の還流復活を押し込んだ幹部の動きだ。

 松本被告は2019年2月から会計責任者を務め、仕えた会長は細田前衆院議長と安倍元首相だ。会長の号令一下の運用実態をこう陳述した。

「ノルマをどれくらいにしたらいいか私が決めて、会長に説明した。会長から〈これで行け〉と指示が出てから連絡した」

「パーティーが終わってある程度時期が経つと入金状況が分かる。それを基に資料を作成して会長に説明し、〈これでいい〉とゴーサインが出てから具体的作業をした」

 ルーティンが変わったのは22年4月。当時会長だった安倍元首相から「今のやり方にいろいろ問題があるんじゃないか」と言われ、幹部が集合。「4月初めの会合に(会長代理の)塩谷さんと下村さん、(事務総長の)西村さん、(参院幹事長の)世耕さん、私、安倍会長が出て、還付をやめるという結論が出た」という。「今のやり方」とは現金での還流のこと。キックバック自体を問題視したかは定かではない。3カ月後に安倍元首相が横死すると、一転したという。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路

  2. 2

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  3. 3

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  4. 4

    悠仁さまが“定員3人”の狭き門・筑波大AC入試も余裕でクリアできるワケ…9月初めにも明らかに?

  5. 5

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  1. 6

    パリ五輪辞退の宮田笙子は再起できるのか…境遇が重ねられるバトミントン桃田賢斗はその後

  2. 7

    ひっそりと存在消された NHK“車上不倫”人気アナカップル

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    美川憲一がジャニー氏性加害問題に言及した重み…“オネエキャラ”転身までの苦難の道のり

  5. 10

    スピードワゴン小沢一敬は松本人志と一蓮托生で復帰不可能か…幸せの骨頂の相方とは絶望的格差