乾汽船×飯野海運 地政学リスクに業績が左右される外航海運2社を比較

公開日: 更新日:

 ウクライナ戦争やイスラエルとイスラム組織ハマスの紛争など世界情勢の緊迫は続いています。地政学的リスクが高まり、原油、食料などの高騰に歯止めが利きません。

 円安、物価高騰……さまざまな業界に影響を与えていますが、海運業も例外ではありません。中東情勢が業績に与えるインパクトは大きいといえます。

 今回は海運大手3社(日本郵船、商船三井、川崎汽船)に次ぐ規模の「乾汽船」と「飯野海運」の社員待遇を比較してみます。

 乾汽船は1904(明治37)年に創業者の乾新兵衛が英国から中古船を購入したのが始まりです。08(明治41)年には外航海運に進出しています。2014年に、1925(大正14)年創立のイヌイ倉庫と経営統合。外航海運、倉庫、不動産の3事業が柱です。

 飯野海運は1899(明治32)年に創業者・飯野寅吉が京都府舞鶴市で創立した飯野商会からスタートしています。ケミカル船、タンカー、ガス船、バラ積み船を運航。飯野ビルディング、日比谷フォートタワーなどの賃貸をはじめ不動産業も手掛けます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  2. 2

    野呂佳代が出るドラマに《ハズレなし》?「エンジェルフライト」古沢良太脚本は“家康”より“アネゴ”がハマる

  3. 3

    岡田有希子さん衝撃の死から38年…所属事務所社長が語っていた「日記風ノートに刻まれた真相」

  4. 4

    「アンメット」のせいで医療ドラマを見る目が厳しい? 二宮和也「ブラックペアン2」も《期待外れ》の声が…

  5. 5

    ロッテ佐々木朗希にまさかの「重症説」…抹消から1カ月音沙汰ナシで飛び交うさまざまな声

  1. 6

    【特別対談】南野陽子×松尾潔(3)亡き岡田有希子との思い出、「秋からも、そばにいて」制作秘話

  2. 7

    「鬼」と化しも憎まれない 村井美樹の生真面目なひたむきさ

  3. 8

    悠仁さまの筑波大付属高での成績は? 進学塾に寄せられた情報を総合すると…

  4. 9

    竹内涼真の“元カノ”が本格復帰 2人をつなぐ大物Pの存在が

  5. 10

    松本若菜「西園寺さん」既視感満載でも好評なワケ “フジ月9”目黒蓮と松村北斗《旧ジャニがパパ役》対決の行方