旧文通費めぐる維新vs自民のバトルは“プロレス劇”? 馬場代表の激怒も世論は冷ややか

公開日: 更新日:

自民党さんと話をする中で、彼らが『信用して欲しい』『期日を外してくれ』と水面下の話があって、外しているわけです」

 国会議員の「第二の歳費」と呼ばれる月額100万円の調査研究広報滞在費(旧・文書通信交通滞在費)の使途公開や残金返納を義務づける立法措置を巡り、日本維新の会が今国会中に目途をつけるよう求めているのに対し、自民党側が先延ばしをほのめかし、維新の馬場伸幸代表(59)が怒りを爆発させている問題。

 馬場氏は13日、自民総裁の岸田文雄首相(66)と5月31日に交わした合意文書について、「(当初の)文案には、今国会中に決着を図るという意味の文案が入っていたと聞いています。(自民から)その時期的なものを外してくれ、信用してくれと仰ったので信用した」と交渉経過の内幕を暴露。

 さらに「松井(一郎)前代表のお母さんが『人間は騙すより、騙される方に回れ』と教えられたと。何度も言っていました。私もその言葉を受け継いで、他の人には真摯に対応している」と改めて自民の対応を批判した。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロッテ佐々木朗希の「豹変」…記者会見で“釈明”も5年前からくすぶっていた強硬メジャー挑戦の不穏

  2. 2

    陰で糸引く「黒幕」に佐々木朗希が壊される…育成段階でのメジャー挑戦が招く破滅的結末

  3. 3

    石丸伸二氏に若者支持も「上司にしたくない?」…妻や同級生の応援目立った安野貴博氏との違い

  4. 4

    介護保険証も紙廃止→マイナ一本化へ厚労省方針…業界から案の定あがった「時期尚早」の声

  5. 5

    都知事選2位の石丸伸二氏に熱狂する若者たちの姿。学ばないなあ、我々は…

  1. 6

    マイナンバー「1兆円利権」山分け 制度設計7社と天下り官僚会員限定記事

  2. 7

    小池都知事が3選早々まさかの「失職」危機…元側近・若狭勝弁護士が指摘する“刑事責任”とは

  3. 8

    なぜ大谷はチャンスに滅法弱くなったのか? 本人は力み否定も、得点圏での「悪癖」とは

  4. 9

    石丸伸二現象の古臭さ…NHK“新たな選挙戦”とヨイショも「強い言葉」「メディア攻撃」に既視感

  5. 10

    都知事選敗北の蓮舫氏が苦しい胸中を吐露 「水に落ちた犬は打て」とばかり叩くテレビ報道の醜悪