著者のコラム一覧
児玉一希株式会社RES 代表取締役

1991年生まれ。東京都立川市出身。東京都立大学(旧首都大学東京)卒業後、2014年リクルートグループへ入社。2016年に転職をきっかけに金融教育業に携わり、自身も投資家に。仕事をしながら無理なくできる長期投資スタイルを確立し、経営者・上場企業役員・医師など指導した個人投資家は2万名に及ぶ。運営するYouTubeチャンネルは2021年9月の開設から2年半で登録者数20万人に到達。大型株のスイング、グロース株投資、デイトレ、FX、日経先物、不動産REITなど、投資について幅広い見識を持ちつつ、初心者にすすも分かりやすい説明と指導方法が好評を得ている。YouTubeの実績に加え、2023年3月に出版した初の著書『株式投資2年生の教科書』(出版:Gakken)や2024年3月『高配当10倍株投資 「高利回り×高成長」で資産を4倍速で増やす! 』がある。YouTubeチャンネル「Trade Labo【高配当・増配株チャンネル】」:登録者数21.7万人。(2024年5月17日現在)

お金の専門家が米国旅行から考えた「金融株」が“追い風”の根拠

公開日: 更新日:

 今年5月に米メジャーリーグのロサンゼルス・ドジャーズの試合を観るため、サンフランシスコ、サンディエゴ、ロサンゼルスの3球場に行ってきました。どこも満員でしたから、やはり大谷翔平効果があるのでしょう。その一方で街中を歩いてみると、例えばショッピングモールとか、ロサンゼルスの中心部の大きい商業施設は、半分くらいテナントが閉まっていて、景気がいいという感じはしませんでした。

 日本でも都市部を中心にホームレスを見かけますが出会う頻度が比べ物にならない。調べてみると、米国のホームレス人口は60万人以上。アメリカ経済は強いと言われてきましたが、個人によって状況が違い過ぎて分断されているように感じます。

 ホームレスが増えた背景として、考えられるのは、コロナ禍の時に多くの失業者が出たため、米国政府を中心に行った財政出動と、中央銀行の金融緩和が影響しているのでしょう。

 お金のばら撒きによって資産価格が押し上がり、あらゆる物にインフレが波及しました。その状況に一般の人々が全くついていけていない。賃金は大して変わらないのに、都市部では住居費が爆上がりしたり、生活がかなり厳しくなっている状況です。

 数字上、アメリカの経済は強くて、株価も上がっていますが、人々の生活が豊かになっているかというと疑問です。例えば強いドルを持っていざアメリカで生活しても全然住みやすくないと思います。

 ちなみに日本の約3倍の物価高は実感します。スターバックスの一番小さいコーヒーは5ドル(約800円)です。日本の有名なラーメン屋さんにも行きましたが3200円。円安の影響もありますからなおさら。ドジャーズの球場内で缶ビールが20ドル、3000円でしたからね。東京ドームはだいたい一番高くて1000円です。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロッテ佐々木朗希の「豹変」…記者会見で“釈明”も5年前からくすぶっていた強硬メジャー挑戦の不穏

  2. 2

    陰で糸引く「黒幕」に佐々木朗希が壊される…育成段階でのメジャー挑戦が招く破滅的結末

  3. 3

    石丸伸二氏に若者支持も「上司にしたくない?」…妻や同級生の応援目立った安野貴博氏との違い

  4. 4

    介護保険証も紙廃止→マイナ一本化へ厚労省方針…業界から案の定あがった「時期尚早」の声

  5. 5

    都知事選2位の石丸伸二氏に熱狂する若者たちの姿。学ばないなあ、我々は…

  1. 6

    マイナンバー「1兆円利権」山分け 制度設計7社と天下り官僚会員限定記事

  2. 7

    小池都知事が3選早々まさかの「失職」危機…元側近・若狭勝弁護士が指摘する“刑事責任”とは

  3. 8

    なぜ大谷はチャンスに滅法弱くなったのか? 本人は力み否定も、得点圏での「悪癖」とは

  4. 9

    石丸伸二現象の古臭さ…NHK“新たな選挙戦”とヨイショも「強い言葉」「メディア攻撃」に既視感

  5. 10

    都知事選敗北の蓮舫氏が苦しい胸中を吐露 「水に落ちた犬は打て」とばかり叩くテレビ報道の醜悪