著者のコラム一覧
中西文行「ロータス投資研究所」代表

法政大学卒業後、岡三証券入社。システム開発部などを経て、岡三経済研究所チャーチスト、企業アナリスト業務に従事。岡三インターナショナル出向。東京大学先端技術研究所社会人聴講生、インド政府ITプロジェクト委員。SMBCフレンド証券投資情報部長を経て13年に独立。現在は「ロータス投資研究所」代表。

米エヌビディアが時価総額で世界2位へ 理論上の株価は1株0.98ドル→5万8032ドルの仰天

公開日: 更新日:

 いまから12年ほど前、株価チャートが即座に描けるパソコンを探し家電量販店の販売員に相談した。

 オーダーメード仕様でNECのデスクトップパソコンを購入。メモリーを増設、CPUもインテルの最新モデルを搭載、通常のパソコンの2倍ぐらいの価格になったが、動作速度は抜群に速かった。いま思い出すとパソコンのタワーにエヌビディア「GPU(画像処理半導体)」のシールが貼ってあった。

 さらに7年ほど前、パソコンで動画を見る機会が増えたので、家電量販店で描画速度の速いパソコンを尋ねたら、デルのゲーム用パソコンを紹介された。モニターを2台接続でき、株価チャートを瞬時に表示できるといわれたので購入した。エヌビディアのGPUが使われ動作速度は格段に速く、さすがに格闘ゲーム向けと感心した。

 エヌビディアは、台湾系アメリカ人のジェンスン・フアンが1993年にクリス・マラコウスキーらと共に設立。社名はラテン語の「invidia」が由来で、「未来を見る・無限を見る」という意味が込められ、目をかたどったロゴマークが使われている。99年にGPUを発明し、株式を公開した。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロッテ佐々木朗希の「豹変」…記者会見で“釈明”も5年前からくすぶっていた強硬メジャー挑戦の不穏

  2. 2

    陰で糸引く「黒幕」に佐々木朗希が壊される…育成段階でのメジャー挑戦が招く破滅的結末

  3. 3

    石丸伸二氏に若者支持も「上司にしたくない?」…妻や同級生の応援目立った安野貴博氏との違い

  4. 4

    介護保険証も紙廃止→マイナ一本化へ厚労省方針…業界から案の定あがった「時期尚早」の声

  5. 5

    都知事選2位の石丸伸二氏に熱狂する若者たちの姿。学ばないなあ、我々は…

  1. 6

    マイナンバー「1兆円利権」山分け 制度設計7社と天下り官僚会員限定記事

  2. 7

    小池都知事が3選早々まさかの「失職」危機…元側近・若狭勝弁護士が指摘する“刑事責任”とは

  3. 8

    なぜ大谷はチャンスに滅法弱くなったのか? 本人は力み否定も、得点圏での「悪癖」とは

  4. 9

    石丸伸二現象の古臭さ…NHK“新たな選挙戦”とヨイショも「強い言葉」「メディア攻撃」に既視感

  5. 10

    都知事選敗北の蓮舫氏が苦しい胸中を吐露 「水に落ちた犬は打て」とばかり叩くテレビ報道の醜悪