著者のコラム一覧
有森隆経済ジャーナリスト

早稲田大学文学部卒。30年間全国紙で経済記者を務めた。経済・産業界での豊富な人脈を生かし、経済事件などをテーマに精力的な取材・執筆活動を続けている。著書は「企業舎弟闇の抗争」(講談社+α文庫)、「ネットバブル」「日本企業モラルハザード史」(以上、文春新書)、「住友銀行暗黒史」「日産独裁経営と権力抗争の末路」(以上、さくら舎)、「プロ経営者の時代」(千倉書房)など多数。

WECARS(上)主役は企業再生ファンド 再建した暁に伊藤忠に引き渡す

公開日: 更新日:

 伊藤忠商事と子会社でガソリンスタンド事業などの伊藤忠エネクス、企業再生ファンドのジェイ・ウィル・パートナーズ(JWP)の3社は5月1日、保険金不正請求事件で経営危機に陥った中古車販売大手ビッグモーター(BM=東京・多摩市、未上場)を買収し、主要事業を承継する新会社WECARS(ウィーカーズ)を立ち上げた。

 新会社が、BMの主要事業を引き継ぐ会社分割方式(新設分割)を採用。全国250店舗や4200人の従業員を引き継ぎ、再建を目指す。

 会社分割方式の最大の利点は、過去と決別できる点にある。法令を軽視する企業体質をつくった創業者の兼重宏行前社長と長男の宏一前副社長を排除しなければ、傷ついたブランドイメージを回復できないからだ。

 ウィーカーズは特別目的会社(SPC)の2段階方式になっている。伊藤忠が51%、伊藤忠エネクスが49%出資してSPC1を設立。SPC1が49.9%、JWPが50.1%出資してSPC2をつくり、当初はSPC2がウィーカーズの100%株主となる。3社の出資額は計400億円。負債の引き受け分も含めると買収総額は600億円になるとみられている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    石丸伸二ブーム終焉の兆し…「そこまで言って委員会」で泉房穂氏の舌鋒にフリーズし“中身ナシ”露呈

  2. 2

    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

  3. 3

    吉村大阪府知事と「羽鳥慎一モーニングショー」で因縁の対決 玉川徹氏は終始冷静で大人だった

  4. 4

    日本ハム清宮幸太郎またまた開幕前に故障のナゼ…貪欲さは向上も決定的に「足りない」もの

  5. 5

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  1. 6

    メッキ剥がれた石丸旋風…「女こども」発言に批判殺到!選挙中に実像を封印した大手メディアの罪

  2. 7

    日本ハム清宮幸太郎と野村佑希は「トレード移籍」へ正念場…現場の指導力や起用方針にも問題か

  3. 8

    イメージ悪化を招いた“強奪補強”…「悪い町田をやっつける」構図に敵将が公然批判でトドメ

  4. 9

    「あの無口な少年が…」佐野海舟の下半身醜聞に母校関係者は絶句、その意外すぎる評判

  5. 10

    水川あさみ「笑うマトリョーシカ」で注目のイケオジ俳優とは “嫌な男”役から《カッコいい》へ評価一変