新NISAを始めたけれど停滞ムードで不安…「株価4万円」はいつ回復する?

公開日: 更新日:

 もわ~っとしている。イケイケではなく、どんよりでもない。新しいNISA(少額投資非課税制度)の登場で年初から盛り上がった株式市場だが、潮が引いたかのようなムードが漂う。こんな状況では新たに参入しようという意欲は湧きにくい。日経平均は史上最高値の4万1087円を年内に突破できるのか。

  ◇  ◇  ◇

■一気に5%くらい下落したほうがいい

「下がるなら、ドカッと下がってほしい。そのほうが話題になるしスッキリする」

 市場関係者からそんな声が聞こえてくる。

 新NISAで投資している50代男性も不満たらたらだ。

「米エヌビディアの決算や長期金利の上昇など株価を左右するニュースは少なくありません。それなのに大きくハネたり、大暴落にはならない。まあ、それが普通なのかもしれませんが、日経平均が4万円を突破したころに比べると物足りなさを感じます。再び4万円台に戻るのか。不安になってきました」

 日経平均が初めて4万円に到達したのは約3カ月前の3月4日。米エヌビディアの好決算を受け、半導体関連が爆上がりした。その後、4万円前後をウロウロし、同22日に年初来高値の4万1087円まで上昇。ここが頂点だった。4月4日のザラ場(取引時間中)高値4万243円を最後に4万円台とオサラバ。

「4月半ばに一時、3万6000円台へ下落しましたが、そこを底に3万8000円から3万9000円台の推移が続いています。市場に刺激を与えるためにも1日で5%ぐらい大きく下げるといいんですけど……。その反動で今度は4万円台に乗せると思います」(株式評論家・倉多慎之助氏)

 日経平均が3万8500円だとしたら、5%は1925円。この水準(3万6575円)まで急落すれば株価は猛反発の可能性があるということだ。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  2. 2

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路

  3. 3

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  4. 4

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  5. 5

    悠仁さまが“定員3人”の狭き門・筑波大AC入試も余裕でクリアできるワケ…9月初めにも明らかに?

  1. 6

    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

  2. 7

    マイナ保険証ゴリ押しへ新たな「ニンジン作戦」…10月からこっそり診療報酬4割アップの姑息

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    美川憲一がジャニー氏性加害問題に言及した重み…“オネエキャラ”転身までの苦難の道のり

  5. 10

    別居から4年…宮沢りえが離婚発表「新たな気持ちで前進」