著者のコラム一覧
小林佳樹金融ジャーナリスト

銀行・証券・保険業界などの金融界を40年近く取材するベテラン記者。政界・官界・民間企業のトライアングルを取材の基盤にしている。神出鬼没が身上で、親密な政治家からは「服部半蔵」と呼ばれている。本人はアカデミックな「マクロ経済」を論じたいのだが、周囲から期待されているのはディープな「裏話」であることに悩んで40年が経過してしまった。アナリスト崩れである。

北越&大王の業務提携は“圧力”かわす狙いか…6月株主総会控えアクティビストとの熱い戦い

公開日: 更新日:

■いわくつき因縁が…

 実は、北越と大王の資本関係には、過去からのいわくつき因縁がある。北越が大王株を保有することになったのは、王子製紙、日本製紙が大王買収へ動いたことが契機。これを回避するため、北越は大王株買いで支援したのが始まりだ。「北越の岸本社長と大王創業家の井川高雄氏(当時)とは盟友関係にあった。岸本氏には、2006年に王子製紙が北越買収(TOB)に動いた時に、井川高雄氏が北越株の防戦買いで助けた恩義がある」(同)とされる。井川高雄氏は、カジノで106億円をつぎ込み、会社に損失を負わせたとして特別背任で有罪判決を受けた井川意高氏の父親である。余談になるが、このカジノ事件の背景には、大王グループの経営権を巡る確執があったとされる。

 昨年の北越の株主総会では、オアシスの株主提案は過半数に達せず否決されたが、岸本晢夫社長の再任の賛成票の比率は前年から約15ポイント低い65.13%にとどまった。6月の株主総会を控え、北越・大王とアクティビストの熱い戦いから目が離せない。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    阪神岡田監督の焦りを盟友・掛布雅之氏がズバリ指摘…状態上がらぬ佐藤輝、大山、ゲラを呼び戻し

  2. 2

    氷川きよし待望の復帰コンサートが販売不振? 独立後にメディア出演がパタリとなくなったワケ

  3. 3

    石丸伸二ブーム終焉の兆し…「そこまで言って委員会」で泉房穂氏の舌鋒にフリーズし“中身ナシ”露呈

  4. 4

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 5

    吉村大阪府知事と「羽鳥慎一モーニングショー」で因縁の対決 玉川徹氏は終始冷静で大人だった

  1. 6

    マイナ保険証ゴリ押しへ新たな「ニンジン作戦」…10月からこっそり診療報酬4割アップの姑息

  2. 7

    築地場外市場“再開発”は新たな「負のレガシー」か…現地に漂うシラけムード

  3. 8

    阪神岡田監督の気になる進退 来季続投がスジだが…単純にそうはいかない複雑事情

  4. 9

    日本に留まる男子プロが世界から見捨てられる日…国内ツアーは米下部ツアーより格下扱い

  5. 10

    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで