1億円稼ぐ「COO代行」業で成功するコツ あえて経営難の中小企業を支援

公開日: 更新日:

負け戦を勝たせる喜び

 現在は、そのノウハウを次世代に伝える事業にも力を入れている。

「COO代行養成講座を毎週開催し、延べ100人以上が受講しています。独立前の会社員から、すでに独立している士業やコンサルタントの方まで、バックグラウンドはさまざま。でも皆さん、ご自身の強みに気づいていないんですよね。多様な経験を持っているのに、自分には専門性がないからダメだと思い込んでしまう。そこがむしろ強みなんだと気づかせるのが私の役割ですね」

 最後に、もうけびとを目指す人に向けてメッセージをもらった。

「大切なのは、なりたい自分になる勇気を持つこと。普通のサラリーマン人生に疑問を感じているなら、あるいはすでに独立していて専門家として頭打ちを感じているなら、COO代行、自分のジェネラリスト化にチャレンジしてみてください。自らリーダーシップを発揮し、会社を変える面白さがそこにはあります。私のような生き方が選択肢の一つになれば幸いです」

(取材・文=いからしひろき)

▽信國大輔(のぶくに・だいすけ) 1977年、福岡県生まれ。佐賀大学卒業後、福岡のシステム会社に就職。その後上京し株式会社ライブドアに転職。独立後、株式会社びりかんを設立し、COO代行サービスを開始。100社以上の経営支援実績を持ち、その中で3社の上場に貢献。著書に「COO代行 最強のビジネス戦闘力を持つ職業」(ザメディアジョン)がある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大谷はシーズン後半戦、三冠王へまっしぐら ドジャース投壊がむしろ追い風になる理由

  2. 2

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路

  3. 3

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  4. 4

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  5. 5

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  1. 6

    松本人志裁判にA子さんいよいよ出廷か…執拗な尾行と知人弁護士との不倫疑惑に怒り

  2. 7

    なぜ大谷はチャンスに滅法弱くなったのか? 本人は力み否定も、得点圏での「悪癖」とは

  3. 8

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  4. 9

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

  5. 10

    尾行、妨害、不倫、元女性誌編集長…松本人志vs文春の裁判がスゴいことになってきた