著者のコラム一覧
姫田小夏ジャーナリスト

中国・アジアを身近に捉える取材に取り組む。中国ウオッチは25年超、中国滞在経験も長い。アジア・ビズ・フォーラム主宰。日刊ゲンダイでの連載などをもとに「ポストコロナと中国の世界観 」(集広舎)。

マレーシアの伊勢丹「ジャパンストア」には閑古鳥が…“チームニッポン”だけでは愛されない

公開日: 更新日:

「クールジャパン商法」も曲がり角に

 18年に三越伊勢丹HDは運営子会社を完全子会社化するが、日本ブランドを束ねて売り込む“クールジャパン商法”もすでにこのときから曲がり角にあったのかもしれない。

 筆者の目の前にあるのは、日本からそのまま移設してきたかのような売り場づくりだ。閑散ぶりからは、地元市民に愛されてはいないことがわかる。売り場改革は進んでいるのだろうか。筆者の問いに対する三越伊勢丹HDからの回答は「現在新しくお伝えできるトピックは特段ございません」というものだった。一方、日系商業施設の内情に詳しい現地在住のコンサルタントは次のように話している。

「もはや立て直しができない局面まできているのではないでしょうか。魅力あるものをプレゼンする力もなく、店舗再建に向ける情熱もない。かといって解散するだけの力もない……」

 数々の日本ブランドやテナントを集める“チームニッポン”の構想まではよかったが、相乗効果を出すどころか、これでは共倒れだ。 (つづく)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  2. 2

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  3. 3

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  4. 4

    大谷はシーズン後半戦、三冠王へまっしぐら ドジャース投壊がむしろ追い風になる理由

  5. 5

    夏休み到来! 我が子をテレビやゲーム、YouTube漬けにしない「割と簡単にできる方法」

  1. 6

    巨人選手を軒並み“チキン”にしたのは誰の仕業? 阿部監督ついに激怒「チャンスなのに悲壮感」

  2. 7

    阪神岡田監督の焦りを盟友・掛布雅之氏がズバリ指摘…状態上がらぬ佐藤輝、大山、ゲラを呼び戻し

  3. 8

    大谷の「左翼守備」前倒しに現実味…ドジャース投壊で「DH問題」は輪をかけて深刻に

  4. 9

    中日ポスト立浪は「侍J井端監督vs井上二軍監督」の一騎打ち…周囲の評価は五分五分か

  5. 10

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路