「金」相場は歴史的な高騰に沸くけれど…次なる投資先に銀・プラチナはアリ?

公開日: 更新日:

 フィーバーはどこまで続くか──。

 金の価格は当分、高値圏での取引が続きそうだ。今年の2月下旬以降、史上最高値を相次いで更新しており、中東情勢の緊迫化や、中国の買いが相場を押し上げたことが背景にある。8日時点で、田中貴金属工業の金の店頭小売価格は1グラム1万2739円(税込み)。昨年8月に史上初めて1万円を突破し、さらに上昇を続けている。

 金相場高騰の実態は、ゴールデンウイークに大勢の人でにぎわった静岡県伊豆市の観光地でもわかる。

「土肥金山」の目玉は、施設内に展示されている世界一巨大な250キロの金塊だ。2005年の製造当時は4億円だったというが、8日時点での時価は31億円。8倍近くになっている。

 そんな中、金とともに順調に価格が上昇しているのが、銀だ。田中貴金属工業の銀の参考小売価格は、19年4月に1グラム57.46円だったが、以降、上昇基調で、今年4月には137.80円と、5年間で倍以上になった(どちらも税抜き)。

 金の投資で出遅れた人は、銀などの貴金属なら一儲けのチャンスはあるのだろうか。投資助言会社エフピーネットの松島修代表は「はっきり申し上げると、銀はオススメできません」と、こう続ける。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    石丸伸二ブーム終焉の兆し…「そこまで言って委員会」で泉房穂氏の舌鋒にフリーズし“中身ナシ”露呈

  2. 2

    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

  3. 3

    吉村大阪府知事と「羽鳥慎一モーニングショー」で因縁の対決 玉川徹氏は終始冷静で大人だった

  4. 4

    日本ハム清宮幸太郎またまた開幕前に故障のナゼ…貪欲さは向上も決定的に「足りない」もの

  5. 5

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  1. 6

    メッキ剥がれた石丸旋風…「女こども」発言に批判殺到!選挙中に実像を封印した大手メディアの罪

  2. 7

    日本ハム清宮幸太郎と野村佑希は「トレード移籍」へ正念場…現場の指導力や起用方針にも問題か

  3. 8

    イメージ悪化を招いた“強奪補強”…「悪い町田をやっつける」構図に敵将が公然批判でトドメ

  4. 9

    「あの無口な少年が…」佐野海舟の下半身醜聞に母校関係者は絶句、その意外すぎる評判

  5. 10

    水川あさみ「笑うマトリョーシカ」で注目のイケオジ俳優とは “嫌な男”役から《カッコいい》へ評価一変