ドラッグストア最大手「ウエルシア」社長が不倫報道で辞任…松本忠久氏の叩き上げ人生と経営手腕

公開日: 更新日:

 ドラッグストア最大手の「ウエルシアホールディングス」の松本忠久社長(65)が「不倫」の責任を取って、17日辞任した。同社が「私生活で不適正な行為があり、会社の信用を傷つける」と判断し、16日に本人に辞任を勧告した。松本氏は親会社「イオン」の執行役も務めていたが、17日付で解任された。

■30代女性と「ケーキあーん」デート

 松本氏の不倫を報じたきょう発売の「週刊新潮」によると、お相手は親子ほど年の離れた30代の中国人女性だという。松本氏がシンガポールに赴任していた7年ほど前から不貞の関係にあり、その後、女性は日本に移住。2人は現在も付き合いはじめのカップルのように「いちご狩り」ドライブや「ケーキあーん」デートをするなど逢瀬を重ね、お互いの家を行き来しているという。

 ウエルシアは2022年2月期決算でドラッグストアチェーンとして、初の売上高1兆円を達成。ドラッグストア業界はここ数年、合従連衡を繰り返しながら、規模を拡大してきた。そんな中、ウエルシアを2年連続売上高1兆円企業に育て上げたのが松本氏だった。

「創業以来、既存店売り上げの前年比を追いかけてきた」というのが松本氏の口癖。既存店の売り上げが続けば、会社がマイナス成長になることはない。これに新規出店でさらに伸びる、ということらしい。

 この通り、既存店の売り上げを伸ばし続けながら、「コクミン(165店舗)」など同業者を次々、傘下に収めていった。そんな松本氏もまた「時代の波」に乗り、19年3月に社長に就任。トントン拍子に経営トップの座まで上り詰めた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    大阪万博批判は出尽くした感があるが…即刻中止すべき決定版が出た

    大阪万博批判は出尽くした感があるが…即刻中止すべき決定版が出た

  2. 2
    「銀河英雄伝説」大ヒットの田中芳樹さんは71歳 執筆47年で120~130冊…どのくらい稼いだの?

    「銀河英雄伝説」大ヒットの田中芳樹さんは71歳 執筆47年で120~130冊…どのくらい稼いだの?

  3. 3
    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

  4. 4
    木村拓哉「Believe」にさらなる逆風 粗品の“あいさつ無視”暴露に続き一般人からの告発投稿

    木村拓哉「Believe」にさらなる逆風 粗品の“あいさつ無視”暴露に続き一般人からの告発投稿

  5. 5
    マイナンバー「1兆円利権」山分け 制度設計7社と天下り官僚

    マイナンバー「1兆円利権」山分け 制度設計7社と天下り官僚会員限定記事

  1. 6
    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

  2. 7
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  3. 8
    つばさの党代表が公選法違反で逮捕 温和だった黒川敦彦容疑者はなぜ“キャラ変”したのか

    つばさの党代表が公選法違反で逮捕 温和だった黒川敦彦容疑者はなぜ“キャラ変”したのか

  4. 9
    頑なに「高卒で米挑戦」…まともに会話すらなかった大谷が翻意、日本ハムに入団決めた舞台裏

    頑なに「高卒で米挑戦」…まともに会話すらなかった大谷が翻意、日本ハムに入団決めた舞台裏

  5. 10
    「悠仁さまに一人暮らしはさせられない」京大進学が消滅しかけた裏に皇宮警察のスキャンダル

    「悠仁さまに一人暮らしはさせられない」京大進学が消滅しかけた裏に皇宮警察のスキャンダル