新入社員やシニア層は必読!「正しいお金の貯め方」と「マネーの知識」を身につけるのに4月は最適

公開日: 更新日:

 4月は新生活のスタートだ。新入社員は初めての給与を手に、将来設計を真剣に考え出す。新NISA(少額投資非課税制度)を始めようという人も多い。シニア層は気持ちを新たに“お金の知識”を学ぶのにピッタリの時期。どうやって貯めたらいいか。正しい貯め方とは?

■金融資産の平均保有額は1307万円

 この4月から社会人になった20代男性Aさん(独身)が言う。

「正社員ではなく、派遣会社経由で仕事につきました。今後を考えると投資を含め、お金を貯めなければと思っています。ただ、どれぐらいを目安に貯めればいいか。その辺がまるで分からなくて……」

 まわりの人はどの程度、貯めているのか。平均はどれぐらい? お金にまつわる知識として知っておきたい。

 家計の金融行動に関する世論調査(金融広報中央委員会)に参考になるデータがある。

 2人以上世帯だと、金融資産(預貯金や株式など)の平均保有額は1307万円。年代別に見ると、20代が249万円、30代は601万円、40代は889万円、50代は1147万円、60代は2026万円、70代は1757万円だ。

 独身の場合は金額が変わり、20代から順に121万円、594万円、559万円、1391万円、1468万円、1529万円となる。前出のAさんが貯金の目標とすべき金額は121万円だ。

「貯めたい金額を設定するのは大事です。3年間で100万円貯めようと思ったら、ひと月に2万8000円ほど貯金すればいい。具体的な金額イメージを持つといいでしょう」(経済評論家の倉多慎之助氏)

 社会人1年目で、しかも派遣となると、置かれた生活環境にもよるが月に2万8000円を捻出できるか。

「正直、健康保険など社会保障費のことはあまり理解していません。幸い、実家から通えるので家賃は発生しませんが、手取り額は月に15万円あるかないかだと思います」(前出のAさん)

 一般的には手取り額の2割を貯めるのが理想。このケースだと3万円だ。2万8000円は範囲内になる。ただし、独身世帯のひと月あたりの消費支出額は16万7620円(2023年家計調査)。

 実家を出たらカツカツの生活になりかねない。貯金どころではなくなるかも……。

■生活費の3カ月~半年分は現預金に

 そうなると実家にいるうちにできるだけ貯めたいところ。

「単身者でも夫婦2人でも、いざというときのために生活費の3カ月から半年分は現預金などで確保しておくべき。まずはそこからスタートです」(倉多慎之助氏)

 Aさんが1人暮らしを始めたら月に17万円弱は必要だ。半年だと102万円になる。「3年で100万円」を目標にしてもいいが、これだと3年間はコツコツ貯めるだけ。地道な銀行預金のみで、話題の新NISAも利用できない。資産運用のワクワクドキドキは体験できずじまいだ。そんなときは柔軟に考えよう。貯蓄に回す2万8000円を2つに分ければいい。1万4000円はいざというときのための生活費貯金、そして半分の1万4000円は新NISAで運用する手法だ。

 新NISAは「つみたて投資枠」と「成長投資枠」の2つがある。「つみたて」は比較的、安心な投資信託などが揃い、「成長」は個別銘柄への投資も可能。半年分の生活費を確保するまでは「つみたて」が無難だ。

「とはいえ、投資できる金額の3分の1程度は成長枠でいいと思います。株式はリスク資産なので損失を出す危険はあります。でも、配当金を得られたり、株主優待を楽しむこともできます。そして何より、株価上昇で資産が増える可能性もあります。中長期の投資だったらなおさらでしょう」(倉多慎之助氏)

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  2. 2
    マレーシア「ららぽーと」に地元住民がソッポ…最大の誤算は歴史遺産を甘く見たこと

    マレーシア「ららぽーと」に地元住民がソッポ…最大の誤算は歴史遺産を甘く見たこと

  3. 3
    ドジャース山本由伸いきなり「投手史上最高の465億円」は“佐々木朗希込み”の値段だったか

    ドジャース山本由伸いきなり「投手史上最高の465億円」は“佐々木朗希込み”の値段だったか

  4. 4
    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

  5. 5
    阪神・岡田監督に「契約延長説」急浮上…勇退説から二転三転も、背景に夫人のサポート

    阪神・岡田監督に「契約延長説」急浮上…勇退説から二転三転も、背景に夫人のサポート

  1. 6
    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  2. 7
    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

  3. 8
    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで

    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで

  4. 9
    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

  5. 10
    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今

    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今