日本株4万円到達の「立役者」…米エヌビディアが半導体売上で世界トップになるまで

公開日: 更新日:

 2月22日、株式市場は歴史的な一日となった。日経平均はバブル期の1989年12月につけた3万8915円を34年ぶりに塗り替え、株高は継続。3月に入ると一気に4万円に到達した。兜町は「ステージが変わった」と騒いだ。

 史上最高値更新の立役者は半導体大手の米エヌビディア。同21日に発表した2024年1月期(通期)決算がとてつもない好業績で、日本の半導体関連株はツレ高となり、市場全体を引っ張った。

「エヌビディアは米国市場だけでなく、日本株の行方を左右する大きな存在となっている」(市場関係者)

 米国株も史上最高値の水準を維持している。市場を牽引するのは「マグニフィセント・セブン」と呼ばれる企業群。アップル、マイクロソフト、アルファベット(グーグル)、アマゾン・ドット・コム、メタ・プラットフォームズ(フェイスブック)、テスラ、そしてエヌビディアの7社で、映画「荒野の七人(ザ・マグニフィセント・セブン)」に由来した呼び名だ。

 マグニフィセントは「素晴らしい」「壮大な」との意味がある。

 この7社だけで2月には時価総額が13兆ドル(約1923兆円)に迫った。東証プライム(約1650社)の時価総額は約940兆円なので、マグニフィセント・セブンだけで2倍だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    阪神球団内外でジワジワ広がる“岡田包囲網”…掛布雅之氏、福本豊氏も「異議あり!」

    阪神球団内外でジワジワ広がる“岡田包囲網”…掛布雅之氏、福本豊氏も「異議あり!」

  2. 2
    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

  3. 3
    プロ初2ケタ勝利の西武・今井達也が語る“5.9にキレた”理由 降板後にベンチでブチ切れ

    プロ初2ケタ勝利の西武・今井達也が語る“5.9にキレた”理由 降板後にベンチでブチ切れ

  4. 4
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 5
    用意する資金は青天井! 名門ヤンキースが朗希獲得でドジャースへの“リベンジ”画策

    用意する資金は青天井! 名門ヤンキースが朗希獲得でドジャースへの“リベンジ”画策

  1. 6
    協会の強硬姿勢が招いた「15大会消滅」の危機…杜撰なツアー改革構想が女子プロの職場を奪う

    協会の強硬姿勢が招いた「15大会消滅」の危機…杜撰なツアー改革構想が女子プロの職場を奪う

  2. 7
    万博スタッフに「時給2000円」大盤振る舞いの裏で…“格差拡大”に涙を飲む大阪府非常勤職員

    万博スタッフに「時給2000円」大盤振る舞いの裏で…“格差拡大”に涙を飲む大阪府非常勤職員

  3. 8
    西武・今井達也“堪忍袋の緒”はブチ切れ寸前? 好投まったく報われずメジャー志向は増す一方

    西武・今井達也“堪忍袋の緒”はブチ切れ寸前? 好投まったく報われずメジャー志向は増す一方

  4. 9
    ロッテ佐々木朗希は母親と一緒に「米国に行かせろ」の一点張り…繰り広げられる泥沼交渉劇

    ロッテ佐々木朗希は母親と一緒に「米国に行かせろ」の一点張り…繰り広げられる泥沼交渉劇

  5. 10
    藤川球児氏が岡田監督に「モノ申した」不穏…阪神球団内でも指揮官への“逆風”強まる

    藤川球児氏が岡田監督に「モノ申した」不穏…阪神球団内でも指揮官への“逆風”強まる