【表あり】史上最高値更新は通過点、株価は“5万円時代”へ…「新NISA」フィーバーで稼ぐ術

公開日: 更新日:

 さすがに株価は落ち着くんじゃないか──。先週22日、日経平均は34年ぶりに史上最高値を更新。市場関係者には待ちに待った瞬間だけに、「ヤレヤレ感」が出ても不思議はない。ここから先は、足元を固め熱を冷ます時期……そう思い込むと、せっかくの稼ぐチャンスを逃すかもしれない。株価大フィーバーはまだまだ続きそうだ。

 ◇  ◇  ◇

 史上最高値の更新、そして日経平均4万円は単なる通過点に過ぎない。こう指摘するのはIMSアセットマネジメント代表の清水秀和氏だ。

■大手証券は4万4千円予想

「スケールの違う相場に突入しています。史上最高値更新のヤレヤレ感で失速するのではなく、この勢いのまま4万円を超え、その先を見据えていると思います。史上最高値だった3万8915円をつけた1989年とは状況が異なります。企業業績は好調で2割増益も見えつつあります。そうなれば日経平均は5万円に到達するでしょう。年内4万5000円、来年は5万円が視野に入る可能性は高まっています」

 いくら何でも、そこまでは……と首をかしげたくなるが、専門家の多くは4万円超えを予想する。大手証券にしても、野村証券とSMBC日興証券は、2025年1~3月の日経平均高値を4万3500円、大和証券は4万4000円とはじく。

■1989年とは違う企業業績

 史上最高値をつけた1989年を振り返る記事やリポートをここ数日よく目にする。この年のレコード大賞はWinkの「淋しい熱帯魚」、ジブリの「魔女の宅急便」や、ロバート・ゼメキス監督「バック・トゥ・ザ・フューチャー パート2」が公開され大人気。ベルリンの壁は崩壊し、三菱地所がニューヨークのロックフェラーセンターを買収した。

 バブル経済だったのは間違いなく、大和証券のリポートによると、89年12月29日の日経平均PER(株価収益率)は52.61倍(24年2月16日は16.3倍)もあった。PBRは5.67倍(同1.47倍)と、今よりはるかに割高な水準だ。

「現在はしっかりとした企業業績に支えられた株高といえます。NYダウのPERは25倍を超えていますが、日本は16倍台といまだ割安。海外勢ばかりでなく、国内でも新NISA(少額投資非課税制度)による買いは続くでしょう」(清水秀和氏)

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    小室圭さん年収4000万円でも“新しい愛の巣”は40平米…眞子さんキャリア断念で暇もて余し?

    小室圭さん年収4000万円でも“新しい愛の巣”は40平米…眞子さんキャリア断念で暇もて余し?

  2. 2
    メジャー29球団がドジャースに怒り心頭! 佐々木朗希はそれでも大谷&由伸の後を追うのか

    メジャー29球団がドジャースに怒り心頭! 佐々木朗希はそれでも大谷&由伸の後を追うのか

  3. 3
    若い世代にも人気の昭和レトロ菓子が100均に続々! 製造終了のチェルシーもまだある

    若い世代にも人気の昭和レトロ菓子が100均に続々! 製造終了のチェルシーもまだある

  4. 4
    巨人にとって“フラれた”ことはプラスでも…補強連敗で突きつけられた深刻問題

    巨人にとって“フラれた”ことはプラスでも…補強連敗で突きつけられた深刻問題

  5. 5
    長渕剛の大炎上を検証して感じたこと…言葉の選択ひとつで伝わり方も印象も変わる

    長渕剛の大炎上を検証して感じたこと…言葉の選択ひとつで伝わり方も印象も変わる

  1. 6
    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

  2. 7
    「監督手形」が後押しか…巨人入り目前から急転、元サヤに収まった真相と今後

    「監督手形」が後押しか…巨人入り目前から急転、元サヤに収まった真相と今後

  3. 8
    東京15区補選は初日から大炎上! 小池・乙武陣営を「つばさの党」新人陣営が大音量演説でヤジる異常事態

    東京15区補選は初日から大炎上! 小池・乙武陣営を「つばさの党」新人陣営が大音量演説でヤジる異常事態

  4. 9
    高島彩、加藤綾子ら“めざまし組”が大躍進! フジテレビ「最強女子アナ」の条件

    高島彩、加藤綾子ら“めざまし組”が大躍進! フジテレビ「最強女子アナ」の条件

  5. 10
    「救世主にはなり得ない」というシビアな見方…ピーク過ぎて速球150キロ超には歯が立たず

    「救世主にはなり得ない」というシビアな見方…ピーク過ぎて速球150キロ超には歯が立たず