著者のコラム一覧
重道武司経済ジャーナリスト

1957年鳥取県倉吉市生まれ。84年フジサンケイグループ傘下の経済紙「日本工業新聞」(現フジサンケイビジネスアイ)の記者となり、千葉支局を振出しに鉄鋼、自動車、総合電機、財界、金融、エネルギー(電力・石油・ガス)などの業界を担当。2000年外資系通信社に転じた後、02年からフリーに。得意分野は通信社時代を含めて在籍足掛け7年にも及んだ日銀記者クラブ時代に人脈を培った金融。自動車業界にも強い。

金融庁がコベナンツ開示を義務付けへ…銀行側が消極的、そのワケは?

公開日: 更新日:

 財務基盤の維持・安定性や収益力の持続性に、いまひとつ自信が持てない企業や経営者からは悲鳴も上がりそうだ。金融庁が上場企業に対し、銀行から融資を受ける際に結んだ特約事項=財務制限条項(コベナンツ)の開示を義務付ける方針を打ち出した。

 今年4月1日付で企業の情報開示に関する一連の内閣府令を改正・施行。2025年4月以降に提出する有価証券報告書(有報)などから記載を求める。企業の信用リスクをより正確に把握できるように可視化させることで投資家保護などにつなげる。

 コベナンツは企業が資金調達の際に銀行に差し出す“誓約書”のようなものだ。純資産や自己資本が直近決算期末の水準を一定以上下回ることがないようハードルが設定されていたり、連続営業・経常赤字に陥らないよう確約を負わせているものが多い。条項に抵触すれば期限の利益を失って即時一括返済や金利優遇措置打ち切りといったペナルティーを科される可能性もある。

 企業にとっては何とも「ストレスのかかる仕組み」(中堅自動車部品メーカー幹部)だが、複数の金融機関が融資団を組んで資金を供給するシンジケートローンなどではこの特約が付くのが当たり前。中には情報公開義務や事業継続義務などを負わせる特約もある。ただ、上場企業に対して相対融資でコベナンツを課すケースは「それほど多くない」(大手行関係者)といわれている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロッテ佐々木朗希の「豹変」…記者会見で“釈明”も5年前からくすぶっていた強硬メジャー挑戦の不穏

  2. 2

    陰で糸引く「黒幕」に佐々木朗希が壊される…育成段階でのメジャー挑戦が招く破滅的結末

  3. 3

    石丸伸二氏に若者支持も「上司にしたくない?」…妻や同級生の応援目立った安野貴博氏との違い

  4. 4

    介護保険証も紙廃止→マイナ一本化へ厚労省方針…業界から案の定あがった「時期尚早」の声

  5. 5

    都知事選2位の石丸伸二氏に熱狂する若者たちの姿。学ばないなあ、我々は…

  1. 6

    マイナンバー「1兆円利権」山分け 制度設計7社と天下り官僚会員限定記事

  2. 7

    小池都知事が3選早々まさかの「失職」危機…元側近・若狭勝弁護士が指摘する“刑事責任”とは

  3. 8

    なぜ大谷はチャンスに滅法弱くなったのか? 本人は力み否定も、得点圏での「悪癖」とは

  4. 9

    石丸伸二現象の古臭さ…NHK“新たな選挙戦”とヨイショも「強い言葉」「メディア攻撃」に既視感

  5. 10

    都知事選敗北の蓮舫氏が苦しい胸中を吐露 「水に落ちた犬は打て」とばかり叩くテレビ報道の醜悪