著者のコラム一覧
有森隆経済ジャーナリスト

早稲田大学文学部卒。30年間全国紙で経済記者を務めた。経済・産業界での豊富な人脈を生かし、経済事件などをテーマに精力的な取材・執筆活動を続けている。著書は「企業舎弟闇の抗争」(講談社+α文庫)、「ネットバブル」「日本企業モラルハザード史」(以上、文春新書)、「住友銀行暗黒史」「日産独裁経営と権力抗争の末路」(以上、さくら舎)、「プロ経営者の時代」(千倉書房)など多数。

京成電鉄(上)オリエンタルランド株をめぐり、物言う株主に「資本のねじれ」を突かれる

公開日: 更新日:

 京成電鉄が物言う株主(アクティビスト)の攻勢にさらされている。東京ディズニーリゾート(TDR)を運営するオリエンタルランド(OLC)株式22.15%を保有する筆頭株主である京成電鉄に対し、英投資ファンドのパリサー・キャピタルが、「OLC株を一部売却して、持ち株比率を15%未満まで引き下げるよう」要求した。パリサーは京成電鉄株の1.6%を保有している。

 京成電鉄はOLCの生みの親の一社であり、持ち分法適用会社に組み入れている。

 ロイター通信は昨年10月、パリサーの創業者のジェームズ・スミス氏がニューヨーク市で開かれた投資家イベントで講演。「京成電鉄の企業価値が本来より43%も割安な状態にある」と断じ、「オリエンタルランド株の保有比率を引き下げるべきだと提案した」と報じた。

 コロナ禍を抜け出したOLCの業績は絶好調だ。2023年4~12月期の連結決算は、売上高が前年同期比33%増の4662億円、営業利益は65%増の1416億円、最終利益は66%増の998億円と、いずれも4~12月期として過去最高だった。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  2. 2

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路

  3. 3

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  4. 4

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  5. 5

    悠仁さまが“定員3人”の狭き門・筑波大AC入試も余裕でクリアできるワケ…9月初めにも明らかに?

  1. 6

    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

  2. 7

    マイナ保険証ゴリ押しへ新たな「ニンジン作戦」…10月からこっそり診療報酬4割アップの姑息

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    美川憲一がジャニー氏性加害問題に言及した重み…“オネエキャラ”転身までの苦難の道のり

  5. 10

    別居から4年…宮沢りえが離婚発表「新たな気持ちで前進」