著者のコラム一覧
小林佳樹金融ジャーナリスト

銀行・証券・保険業界などの金融界を40年近く取材するベテラン記者。政界・官界・民間企業のトライアングルを取材の基盤にしている。神出鬼没が身上で、親密な政治家からは「服部半蔵」と呼ばれている。本人はアカデミックな「マクロ経済」を論じたいのだが、周囲から期待されているのはディープな「裏話」であることに悩んで40年が経過してしまった。アナリスト崩れである。

ふくおかFG「みんなの銀行」の誤算…金融庁が先進的と評価も収益化に疑問

公開日: 更新日:

「みんなの銀行」は、金融庁も太鼓判を押していた。「勘定系システムを、マイクロサービス化された疎結合型構成でパブリッククラウド上に構築。アジャイル開発の手法を導入した。さらに、API接続を通じて金融機能等を他の事業者にも提供するBaaS型ビジネスを目指す先進的な取り組み」(金融庁関係者)と評価していたのだ。

 鳴り物入りで開業した「みんなの銀行」の誤算はなんだったのか。実は、地銀界では当初から「みんなの銀行の収益化は難しいのではないか」(地銀幹部)と冷ややかに見られていた。最大の誤算は「ローンの信用リスクにある」(大手信用情報機関)とされる。

 みんなの銀行の口座数は今年度には100万人、ローン残高は120億円に達すると見込まれているが、その一方で、信用コストが上昇している。23年9月期の決算発表資料にも「信用コストの低減に向けた対応策を実行中」と明記されている。「地銀の強みは地域に密着した顧客基盤で、与信管理もきめ細かくフォローできる点にある」(同)という。「みんなの銀行」はそうした地域の強みがない分、信用コストは高く、収益を圧迫する構造問題を抱えているわけだ。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロッテ佐々木朗希の「豹変」…記者会見で“釈明”も5年前からくすぶっていた強硬メジャー挑戦の不穏

  2. 2

    陰で糸引く「黒幕」に佐々木朗希が壊される…育成段階でのメジャー挑戦が招く破滅的結末

  3. 3

    石丸伸二氏に若者支持も「上司にしたくない?」…妻や同級生の応援目立った安野貴博氏との違い

  4. 4

    介護保険証も紙廃止→マイナ一本化へ厚労省方針…業界から案の定あがった「時期尚早」の声

  5. 5

    都知事選2位の石丸伸二氏に熱狂する若者たちの姿。学ばないなあ、我々は…

  1. 6

    マイナンバー「1兆円利権」山分け 制度設計7社と天下り官僚会員限定記事

  2. 7

    小池都知事が3選早々まさかの「失職」危機…元側近・若狭勝弁護士が指摘する“刑事責任”とは

  3. 8

    なぜ大谷はチャンスに滅法弱くなったのか? 本人は力み否定も、得点圏での「悪癖」とは

  4. 9

    石丸伸二現象の古臭さ…NHK“新たな選挙戦”とヨイショも「強い言葉」「メディア攻撃」に既視感

  5. 10

    都知事選敗北の蓮舫氏が苦しい胸中を吐露 「水に落ちた犬は打て」とばかり叩くテレビ報道の醜悪