文芸ファン必読!至宝の校閲秘話開陳

公開日: 更新日:

 本作りに欠かせない「校閲」の内幕を描いたマンガ「くらべて、けみして 校閲部の九重さん」(こいしゆうか著)が話題だ。老舗出版社・新潮社の校閲部の全面協力のもと、1年の取材を経て読み取った職人の素顔が、ほのぼのとした絵柄で描かれる。

 読みどころは、本当にあった作家と校閲者とのエピソード。「石原慎太郎は手書きで原稿を執筆するが極端なくせ字で読める人がほとんどいなかった」ことや、町田康が使う「訣(わか)らない」という独特な表現など、出版社が協力しているからこそ、明かすことのできる裏話が面白い。完成した本からは想像もしないドラマが水面下で繰り広げられているのだ。

 作中で舞台となったのは、「新頂社」という架空の出版社・校閲部。モデルとなっているのは新潮社だが、実は、新潮社の歴史は「校正」から始まった。

 創業者の佐藤義亮は1895年、17歳のときに文学を志して秋田から上京。数々のアルバイトを経て、印刷所の職工の仕事に就き、夜は勉学に励んだ。そしてある日、彼の投稿文が載った雑誌を工場の支配人が目にし、それをきっかけに校正係に抜擢。肉体労働から好きな文学を扱う仕事に転身した彼は、いつしか出版事業を行おうと夢見るようになり、その8年後に新潮社が誕生したのだ。

 長い歴史のなかで、名だたる作家とともに、文壇をつくり上げてきた校閲者。本の読み方に奥行きがもたらされる、文芸ファン必読の一冊だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    協会肝いりゲームアプリ頓挫の“張本人”は小林浩美会長…計画性ゼロの見切り発車で現場大混乱

    協会肝いりゲームアプリ頓挫の“張本人”は小林浩美会長…計画性ゼロの見切り発車で現場大混乱

  2. 2
    青井実、膳場貴子、有働由美子…元NHK3アナ新番組1カ月半で見えてきた「三者三様の課題」

    青井実、膳場貴子、有働由美子…元NHK3アナ新番組1カ月半で見えてきた「三者三様の課題」

  3. 3
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 4
    TM NETWORKデビュー40周年ツアーが千秋楽 生きる伝説3人でも直面する「老い」の現実

    TM NETWORKデビュー40周年ツアーが千秋楽 生きる伝説3人でも直面する「老い」の現実

  5. 5
    秋篠宮家が迫られる“悠仁さま広報戦略”の一手…急成長の宮内庁インスタと愛子さま人気で注目

    秋篠宮家が迫られる“悠仁さま広報戦略”の一手…急成長の宮内庁インスタと愛子さま人気で注目

  1. 6
    大阪万博会場「ガス爆発事故」では天井も破損していた!シレッと追加被害公表の無責任体質

    大阪万博会場「ガス爆発事故」では天井も破損していた!シレッと追加被害公表の無責任体質

  2. 7
    ダルビッシュの根底にある不屈の反骨精神 “強いチームで勝ちたい大谷”との決定的な違い

    ダルビッシュの根底にある不屈の反骨精神 “強いチームで勝ちたい大谷”との決定的な違い

  3. 8
    自民“裏金”衆院議員44人の「新選挙区」はココだ! 政倫審拒否した全員を落選させるしかない【表付き】

    自民“裏金”衆院議員44人の「新選挙区」はココだ! 政倫審拒否した全員を落選させるしかない【表付き】

  4. 9
    石原裕次郎(8)一度だけサインをねだると…「飲み屋のツケをだいぶ貯めたんだな?」と

    石原裕次郎(8)一度だけサインをねだると…「飲み屋のツケをだいぶ貯めたんだな?」と会員限定記事

  5. 10
    じもとHD→国有化、農林中金→1兆円増資…金融機関も国債運用で“大ヤケド”の惨状

    じもとHD→国有化、農林中金→1兆円増資…金融機関も国債運用で“大ヤケド”の惨状