2024年スタート「新NISA」最強の投資術! 毎月投資or一括投資 どっちが得か徹底比較

公開日: 更新日:

 来年スタートの新しいNISA(少額投資非課税制度)。これまでのNISAには見向きもしなかった中年やシニア層の関心が高まっている。利用しないと大損しそう……という人は増加しているが、「どんな投資商品をどうやって購入したらいいか分からない」との嘆きも聞こえてくる。そんな人は必読だ!

 ◇  ◇  ◇

 アパレル会社に勤める40代の男性は言う。

「新NISAに興味はあります。税金がかなり得になるとか。100万円の利益が出たら、丸々手元に残るんですよね。宝くじと同じですか? この間、新NISAの本を買ったので、いま勉強中です」

 宝くじに当せんするような感覚で投資を始めるのも悪くないかもしれない。年末ジャンボ(1枚300円)を10枚買う。1等の7億円が当たる可能性はゼロじゃないが、7等の300円が1枚当たるだけ……が大多数。損得の計算をしたら、2700円の損失だ。

 夢を買う宝くじと、新NISAはもちろん別物。比べるものではないけれど、「基本的に利益に税金を取られない」のは確かに共通している。

 年末ジャンボを100枚(3万円分)買ったと思って、新NISAに投資してみるのもいい。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「アンチヒーロー」木村佳乃&大島優子キャスティングで見えた日本のドラマの限界…最終回は視聴率アップ

    「アンチヒーロー」木村佳乃&大島優子キャスティングで見えた日本のドラマの限界…最終回は視聴率アップ

  2. 2
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  3. 3
    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

  4. 4
    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

  5. 5
    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

  1. 6
    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

  2. 7
    山本由伸が負傷離脱 原因はドジャースの管理体制にあらず…登板前日に見せていた“前兆”

    山本由伸が負傷離脱 原因はドジャースの管理体制にあらず…登板前日に見せていた“前兆”

  3. 8
    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質

    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質

  4. 9
    松本人志が“活動再開”に自信を深めるワケ…「A子さん」「B子さん」の決定情報つかんだとの噂も

    松本人志が“活動再開”に自信を深めるワケ…「A子さん」「B子さん」の決定情報つかんだとの噂も

  5. 10
    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽