ミツカン創業家の泥沼お家騒動…「不買運動もあるが、影響は?」本社広報部を直撃した

公開日: 更新日:

「“種馬”呼ばわりされて、生まれて間もない可愛い息子と引き離された。息子とは4年間会えていないし、正確な居場所さえ知らされていません」

 食品大手ミツカンとその創業家による「父子引き離し疑惑」が注目を集めている。悲痛な声の主は中埜(なかの)大輔氏(43)。創業家の故・中埜和英ミツカン元代表取締役会長兼CEOの元娘婿だ。同氏は次のように主張している。

 大輔氏は2013年、和英氏の次女である聖子氏と見合い結婚。その際、金融マンとしてのキャリアを棄ててミツカンに入社すること、婿入りすること、聖子氏が亡くなっても財産を相続しないことの3点に同意し、その見返りとして近い将来はミツカンの役員として十分な報酬を受けることが約束されていた。

 ところが、14年に聖子氏との間に第一子の長男を授かると、和英氏とその妻で同社副会長の美和氏の態度は一変。長男誕生から4日後、2人はミツカンの常務を引き連れて大輔氏のロンドンの自宅に押しかけると、養子縁組を突きつけ、強引に署名を迫った。大輔氏は跡継ぎに男児を据えたいという創業家の意図を汲み、泣く泣くサイン。しかし、その際のやり取りから和英氏の逆鱗に触れ、ほどなくして妻との離婚と、日本の物流センターへの配転命令が下された(後に解雇)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    阪神岡田監督の焦りを盟友・掛布雅之氏がズバリ指摘…状態上がらぬ佐藤輝、大山、ゲラを呼び戻し

  2. 2

    氷川きよし待望の復帰コンサートが販売不振? 独立後にメディア出演がパタリとなくなったワケ

  3. 3

    石丸伸二ブーム終焉の兆し…「そこまで言って委員会」で泉房穂氏の舌鋒にフリーズし“中身ナシ”露呈

  4. 4

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 5

    吉村大阪府知事と「羽鳥慎一モーニングショー」で因縁の対決 玉川徹氏は終始冷静で大人だった

  1. 6

    マイナ保険証ゴリ押しへ新たな「ニンジン作戦」…10月からこっそり診療報酬4割アップの姑息

  2. 7

    築地場外市場“再開発”は新たな「負のレガシー」か…現地に漂うシラけムード

  3. 8

    阪神岡田監督の気になる進退 来季続投がスジだが…単純にそうはいかない複雑事情

  4. 9

    日本に留まる男子プロが世界から見捨てられる日…国内ツアーは米下部ツアーより格下扱い

  5. 10

    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで