自民派閥“パー券裏金”疑惑 安倍派議員の秘書らを東京地検特捜部が任意聴取していた

公開日: 更新日:

 自民党派閥の政治資金パーティーをめぐる問題で、東京地検特捜部が、キックバックを受け、裏金づくりをしていたとされる安倍派「清和政策研究会」の所属議員の秘書らから任意で事情聴取をしていたことがわかった。6日複数のメディアが報じた。

 特捜部はこれまで、収支報告書作成の経緯などについて各派閥の事務方から事情聴取を行ってきたが、新たにキックバックを受けていたとされる安倍派議員の秘書らからも任意で事情聴取したという。

 安倍派では、派閥からの還流で複数の議員が昨年までの5年間で1000万円以上を受領。さらに数千万円を受領した議員もいることが判明した。特捜部は、政治資金規正法違反(不記載・虚偽記入)の疑いで、資金の流れなどについて捜査。受領額が突出した議員を洗い出し、13日の国会閉会後、一斉に聴取する見通しだ。

 一方、安倍派に強い影響力を持つ森喜朗元首相と同派幹部の西村経済産業相、世耕参院幹事長が5日夜、都内のホテルで2時間半ほど会食した。特捜部が本気で捜査に乗り出したことを受け、疑惑に対する対応を協議したとみられる。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    大阪万博パビリオン建設に「リング」が邪魔…建設トップから今さら“ダメ出し”のア然

    大阪万博パビリオン建設に「リング」が邪魔…建設トップから今さら“ダメ出し”のア然

  2. 2
    ムーキー・ベッツは両リーグMVPを狙う大谷の強力ライバル 意外にも英国王室と深いつながりが

    ムーキー・ベッツは両リーグMVPを狙う大谷の強力ライバル 意外にも英国王室と深いつながりが

  3. 3
    副島萌生も星麻琴も…NHK新女性キャスターはなぜ、慶応大卒ばかりが抜擢されるのか?

    副島萌生も星麻琴も…NHK新女性キャスターはなぜ、慶応大卒ばかりが抜擢されるのか?

  4. 4
    東京都が年度内提出目指す「カスハラ防止条例」…現場からため息が漏れるナゼ?

    東京都が年度内提出目指す「カスハラ防止条例」…現場からため息が漏れるナゼ?

  5. 5
    株価は絶好調でも証券会社は儲からない仕組み…「熱狂」がない理由はコレなのか?

    株価は絶好調でも証券会社は儲からない仕組み…「熱狂」がない理由はコレなのか?

  1. 6
    吉高由里子「光る君へ」は行き詰まる?家康がコケて「女性による女性のための大河」に賛否

    吉高由里子「光る君へ」は行き詰まる?家康がコケて「女性による女性のための大河」に賛否

  2. 7
    子育て支援「負担増1000円超え」は加藤鮎子大臣“テヘペロの乱”…岸田首相を背後からズブリ

    子育て支援「負担増1000円超え」は加藤鮎子大臣“テヘペロの乱”…岸田首相を背後からズブリ

  3. 8
    NBAのレジェンドがドジャース大谷を絶賛!「トレーニングへの姿勢がチームに伝染した」

    NBAのレジェンドがドジャース大谷を絶賛!「トレーニングへの姿勢がチームに伝染した」

  4. 9
    「ブラタモリ」抜擢の桑子真帆アナ “金髪チャラ系”の大学時代

    「ブラタモリ」抜擢の桑子真帆アナ “金髪チャラ系”の大学時代

  5. 10
    元横綱・白鵬は「廃業」待ったナシ…北青鵬暴力騒動の厳罰処分に貴乃花親方がいつか来た道

    元横綱・白鵬は「廃業」待ったナシ…北青鵬暴力騒動の厳罰処分に貴乃花親方がいつか来た道