真保紀一郎
著者のコラム一覧
真保紀一郎経済ジャーナリスト

東レ(上)素材産業を代表する科学メーカー “黒いダイヤ”をはじめ技術力はピカイチ

公開日: 更新日:

 失われた30年の間に、日本企業の国際的地位は大きく低下した。1990年の世界銀行ランキングのトップ10には日本の銀行が6行入っていたが、今ではゼロ。家電や半導体なども世界をリードしていたが、今や韓国サムスンなどに大きく水をあけられている。

 それでも自動車だけは、世界トップクラスにあるが、EV(電気自動車)で出遅れただけに将来に不安が残る。

 そうした中、今もそして将来も、国際的競争力を持ち続けるだろうといわれているのが素材産業だ。その中にあって東レは、世界一や世界唯一をいくつも抱える、日本の素材産業を代表する化学メーカーだ。

 例えば炭素繊維。東レの炭素繊維開発は1960年代に始まり、71年には商用生産を開始した。当初はゴルフクラブのシャフトや釣り竿などの用途しかなく、収益にはほとんど貢献しなかったが、品質はその後大きく向上し、90年にボーイング777の第2次構造材に採用される。

 東レの2代前の社長で経団連会長も務めた榊原定征氏は、67年に入社後、炭素繊維開発の部署に回される。当時炭素繊維は「黒いダイヤ」と呼ばれており、「黒いダイヤで飛行機を飛ばそう」というのが研究者の合言葉だった。B777でその夢がかなった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    大阪万博パビリオン建設に「リング」が邪魔…建設トップから今さら“ダメ出し”のア然

    大阪万博パビリオン建設に「リング」が邪魔…建設トップから今さら“ダメ出し”のア然

  2. 2
    ムーキー・ベッツは両リーグMVPを狙う大谷の強力ライバル 意外にも英国王室と深いつながりが

    ムーキー・ベッツは両リーグMVPを狙う大谷の強力ライバル 意外にも英国王室と深いつながりが

  3. 3
    副島萌生も星麻琴も…NHK新女性キャスターはなぜ、慶応大卒ばかりが抜擢されるのか?

    副島萌生も星麻琴も…NHK新女性キャスターはなぜ、慶応大卒ばかりが抜擢されるのか?

  4. 4
    東京都が年度内提出目指す「カスハラ防止条例」…現場からため息が漏れるナゼ?

    東京都が年度内提出目指す「カスハラ防止条例」…現場からため息が漏れるナゼ?

  5. 5
    株価は絶好調でも証券会社は儲からない仕組み…「熱狂」がない理由はコレなのか?

    株価は絶好調でも証券会社は儲からない仕組み…「熱狂」がない理由はコレなのか?

  1. 6
    吉高由里子「光る君へ」は行き詰まる?家康がコケて「女性による女性のための大河」に賛否

    吉高由里子「光る君へ」は行き詰まる?家康がコケて「女性による女性のための大河」に賛否

  2. 7
    子育て支援「負担増1000円超え」は加藤鮎子大臣“テヘペロの乱”…岸田首相を背後からズブリ

    子育て支援「負担増1000円超え」は加藤鮎子大臣“テヘペロの乱”…岸田首相を背後からズブリ

  3. 8
    NBAのレジェンドがドジャース大谷を絶賛!「トレーニングへの姿勢がチームに伝染した」

    NBAのレジェンドがドジャース大谷を絶賛!「トレーニングへの姿勢がチームに伝染した」

  4. 9
    「ブラタモリ」抜擢の桑子真帆アナ “金髪チャラ系”の大学時代

    「ブラタモリ」抜擢の桑子真帆アナ “金髪チャラ系”の大学時代

  5. 10
    元横綱・白鵬は「廃業」待ったナシ…北青鵬暴力騒動の厳罰処分に貴乃花親方がいつか来た道

    元横綱・白鵬は「廃業」待ったナシ…北青鵬暴力騒動の厳罰処分に貴乃花親方がいつか来た道