鳥インフル流行スタートで“卵ショック”再燃の兆し…養鶏業者から悲鳴、Xmas需要を直撃

公開日: 更新日:

 今年も大流行するのか。鳥インフルエンザの感染確認が相次いでいる。今季初となる25日の佐賀県の養鶏場に続き、27日は茨城県でも確認された。

 鳥インフルは2004年に79年ぶりに国内で確認。その後は数年おきに流行してきたが、今月の確認で初の4季連続の発生となってしまった。農水省は「世界的に感染が広がっている影響で、日本でも毎年流行するようになった。今季はすでに野鳥の検査で北海道から鹿児島まで陽性が確認されており、全国的な流行になる可能性があります」(動物衛生課)と警戒する。

 昨季は、史上最大の感染が列島を襲った。1億3000万羽飼育されていた採卵鶏のうち、12%にあたる1600万羽が殺処分された。今年4月には、JA全農たまごの卵卸売価格(東京地域のMサイズ)が1キロ350円と過去最高値に。卵を使ったメニューが外食から消えた。「卵ショック」といわれたゆえんだ。

 今季の流行規模はどうなるのか。「自治体の指導もあり、多くの養鶏場は感染対策を改善させています。昨季より流行のスタートが1カ月遅いのも感染対策が効いているのならいいのですが」(養鶏場関係者)との希望的観測もある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    若林志穂vs長渕剛の対立で最も目についたのは「意味不明」「わからない」という感想だった

    若林志穂vs長渕剛の対立で最も目についたのは「意味不明」「わからない」という感想だった

  2. 2
    SMAP再始動「99%」に現実味…“旧ジャニ体制打破の象徴”と機運高まるも本格化には高い障壁

    SMAP再始動「99%」に現実味…“旧ジャニ体制打破の象徴”と機運高まるも本格化には高い障壁

  3. 3
    松本人志“性的トラブル報道”へのコメント 優木まおみが称賛され、指原莉乃が叩かれるワケ

    松本人志“性的トラブル報道”へのコメント 優木まおみが称賛され、指原莉乃が叩かれるワケ

  4. 4
    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

  5. 5
    キムタクは今どうしている? 画面から消えても誰も何も困っていない現実

    キムタクは今どうしている? 画面から消えても誰も何も困っていない現実

  1. 6
    【巨人編(2)】阿部監督に直接尋ねた前エース菅野智之の起用法と不安を感じた外野争い

    【巨人編(2)】阿部監督に直接尋ねた前エース菅野智之の起用法と不安を感じた外野争い

  2. 7
    『連獅子』で長三郎が登場したときの拍手の大きさは「歌舞伎座が揺れた」と感じたほど

    『連獅子』で長三郎が登場したときの拍手の大きさは「歌舞伎座が揺れた」と感じたほど

  3. 8
    完全復活を遂げた吉田羊と"7連泊愛"中島裕翔の明暗…恋路を阻んだ"大物"による8年前の追放劇

    完全復活を遂げた吉田羊と"7連泊愛"中島裕翔の明暗…恋路を阻んだ"大物"による8年前の追放劇

  4. 9
    元シブがき隊・本木雅弘はなぜ潰されなかった? 奥山和由氏が明かしたメリー氏の「圧力」

    元シブがき隊・本木雅弘はなぜ潰されなかった? 奥山和由氏が明かしたメリー氏の「圧力」

  5. 10
    オリックス新エース宮城大弥が明かす「メジャー挑戦」と「山本由伸」

    オリックス新エース宮城大弥が明かす「メジャー挑戦」と「山本由伸」