赤ちゃん本舗 味志謙司社長(1)イトーヨーカ堂から出向してきた“小売りのエキスパート”

公開日: 更新日:

 子育て世帯や孫のいる人には身近な存在である赤ちゃん本舗。その歴史は長い。前身は、1932年創業の小原正商店だ。呉服商の家に生まれ、中学卒業後に綿織物や洋反物の商売の見習いをしていた小原正司氏が、「日本の将来を担う赤ちゃんたちのためによりよい商品をより安く、より多く供給することが会社の使命である」という理念のもと、赤ちゃん用品専門問屋として創業。当時、赤ちゃん用品の総合スーパーとして、話題になったという。

 戦後、第1次ベビーブームの追い風もあり、売り上げは飛躍した。ところが、2007年、経営の悪化によりセブン&アイ・ホールディングス傘下に入ることになる。そこから経営再建を果たすまでに何があったのか。

 現在の赤ちゃん本舗を牽引するのは、元会長の河邉司郎氏とともに、イトーヨーカ堂から出向してきた味志謙司氏。コロナ禍の21年に代表取締役に就任した。

 組織を束ねるマネジメント力は学生時代に培われた。中学、高校ではサッカー部に所属し、サッカーに打ち込んだという。

「技術的にはあまりうまくはなく、レギュラーになったことはありません。でも、法政大学に入ってから、高校のサッカー部の監督にコーチをやれって言われて、レギュラーにもなったことがないのに、母校のサッカー部のコーチになったんです。今、思うと、当時の監督は、作戦や戦術、チームを束ねる力というのを買ってくれたのかなと思いますね。どうやって選手のモチベーションを上げるのか、どうしたらチームと一体になってもらえるのか、そういう指導を心がけていました。それは今の仕事にもつながっていると思います」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  2. 2

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路

  3. 3

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  4. 4

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  5. 5

    悠仁さまが“定員3人”の狭き門・筑波大AC入試も余裕でクリアできるワケ…9月初めにも明らかに?

  1. 6

    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

  2. 7

    マイナ保険証ゴリ押しへ新たな「ニンジン作戦」…10月からこっそり診療報酬4割アップの姑息

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    美川憲一がジャニー氏性加害問題に言及した重み…“オネエキャラ”転身までの苦難の道のり

  5. 10

    別居から4年…宮沢りえが離婚発表「新たな気持ちで前進」