トラストバンク 川村憲一社長(1)衝撃的だった中国の学生の勤勉さ「いつか日本は抜かれる」

公開日: 更新日:

 国内初のふるさと納税ポータルサイト「ふるさとチョイス」で一躍注目を集めるようになったトラストバンク。トラストバンクが扱う年間流通総額は2000億円を超え、9割近い地方自治体と取引している。

 舵取りをしているのが、社長を務める川村憲一だ。川村は北海道の漁村、岩内町で生まれ、札幌で育った。

「初対面の人にでも愛想よく挨拶する子どもでした。誰でもそうでしょうが、いまから考えると褒めてもらうのが好きな子どもでしたね」

 父親は建設会社に勤めるサラリーマン、母親は百貨店に勤める共働き家庭で育った。とくに家が貧しかったわけではないのだろうが、中学生の頃から、新聞配達などのバイトをしていたそうだ。

 中学2年生の時には、自転車のパンク修理の“商売”をはじめたという。近くに修理してくれる店がなく、パンクした時は、遠くまで行かなければならなかった。川村は「自分が不便だと感じているなら、他の人も同じだろう。パンク修理をすれば、喜んでもらえるはず」と思ったそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大谷はシーズン後半戦、三冠王へまっしぐら ドジャース投壊がむしろ追い風になる理由

  2. 2

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路

  3. 3

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  4. 4

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  5. 5

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  1. 6

    松本人志裁判にA子さんいよいよ出廷か…執拗な尾行と知人弁護士との不倫疑惑に怒り

  2. 7

    なぜ大谷はチャンスに滅法弱くなったのか? 本人は力み否定も、得点圏での「悪癖」とは

  3. 8

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  4. 9

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

  5. 10

    尾行、妨害、不倫、元女性誌編集長…松本人志vs文春の裁判がスゴいことになってきた