小沢コージ
著者のコラム一覧
小沢コージ自動車ジャーナリスト

雑誌、web、ラジオ、テレビなどで活躍中の自動車ジャーナリスト。『NAVI』編集部で鍛え、『SPA!』で育ち、現在『ベストカー』『webCG』『日経電子版』『週刊プレイボーイ』『CAR SENSOR EDGE』『MONOMAX』『carview』など連載多数。TBSラジオ『週刊自動車批評 小沢コージのカーグルメ』パーソナリティー。著書に『クルマ界のすごい12人』(新潮新書)、『車の運転が怖い人のためのドライブ上達読本』(宝島社)、『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた 27人のトビウオジャパン』(集英社)など。愛車はBMWミニとホンダN-BOXと、一時ロールスロイス。趣味はサッカーとスキーとテニス。横浜市出身。

トヨタ ヤリスクロス GR スポーツのコスパがハンパない 何から何まで改良してわずか15万円高

公開日: 更新日:

トヨタ ヤリスクロス GR スポーツ(車両価格:¥2,367,000/税込み~)

 パッと見、クルママニア以外には真価が分かりにくい量産スポーツグレードが誕生した。その名はトヨタ ヤリスクロス GR スポーツ。トヨタ自慢のコンパクトSUVに去年追加された新世代のモータースポーツテイストカーだ。

 そもそもGR(ガズーレーシング)はトヨタのモータースポーツ会社で、世界的レース活動やスポーツモデルの製作を担当している。

 具体的にはトヨタのWRC(世界ラリー選手権)活動を統括し、オリジナルスポーツカーのGRスープラやGRカローラを作っているわけだ。しかしそれだけでなく、ディーラーで普通に売っている市販スポーツグレードもプロデュースしている。それが今回のヤリスクロス GR スポーツであり、既存のランドクルーザー GR スポーツなのだ。

「GR」はメルセデス・ベンツで言う「AMG」やBMWで言う「M」にあたる社内モータースポーツブランドと言えるのだ。

 そして今回は末尾に「GR スポーツ」が付くグレードとして5種類目。それだけに新鮮味はないかと思いきや、全然違う。「GR」の存在を改めて知らしめるために、新しい魅力が盛り込まれている。それはぶっちゃけ、衝撃のコストパフォーマンスだ。既存のGR スポーツより手軽に本気のモータースポーツチューンが味わえるのだ。

実車に乗るとカスタム範囲の広さにびっくり

 例えばヤリス クロス GR スポーツ(ハイブリッド)の価格は275万円。一見コンパクトSUVとして安く見えないかもしれないが、既存トップグレードのハイブリッドZのわずか15万円高。ところが実車に乗ってみると、カスタム範囲の広さに驚く。かつてのスポーツグレードといえば、フロントグリルや前後バンパーがエアロタイプに変わってるくらいだったが、まったく違う。内外装はもちろん、足回りやパワートレインにまで専用パーツが加わっているのだ。

 写真を見てほしい。一見ハイブリッドZと変わらないと思うかもしれない。だが、グリル内デザインは専用でフォグランプ周りも専用。リアには本格的な専用ディフューザーが付く。

 さらに凄いのは内装で、インパネデザインやラゲッジ容量は基本的には変わらない。だがブラウンの内装樹脂はシックなグレーに変わり、専用の本革スポーツステアリングとバケットシートが付く。シート表皮は滑りにくく上質なスエード素材と皮調素材のコンビ。ぶっちゃけこれだけで15万円取るブランドがある。

誰にでも分かる上質化が図られている

 ところがヤリスクロス GR スポーツはこれに加えて、専用の前後サスペンション、専用タイヤ、専用アルミホイールが奢られ、オマケにサスペンションのゴムブッシュや取り付けワッシャーまで改良。

 さらにフロアのセンタートンネルにはボディを補強する専用ブレースが3カ所付き、オマケにGRスポーツのハイブリッドモデルはより加減速がリニアになる専用のハイブリッド制御とねじり剛性が高められた専用ドライブシャフトまで付いている。

 システム出力は116psと、ノーマルモデルと変わらない。しかし乗れば違いは歴然。よりすっきりスムースに加速し、足周りは引き締まってるうえ、揺れも少ない。

 クルマ好きのみが好む硬派な走り味じゃない。誰にでも分かる、繊細かつスムーズな走り味の上質化が図られているのだ。

 控え目に言って、分かる人にしか分からない変化かもしれない。だが、マジメに走り好きなら、間違いなくこれを買ったほうがいい。自分でイジったら少なくともプラス50万円は平気でかかる、全面的カスタムがなされたスポーティなヤリスクロスなのだから。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ジャニー喜多川氏の性加害を暴いた“禁断の書”の中身…超人気アイドルが「ジャニーさんが、ジャニーさんが…」

    ジャニー喜多川氏の性加害を暴いた“禁断の書”の中身…超人気アイドルが「ジャニーさんが、ジャニーさんが…」

  2. 2
    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  3. 3
    元Jr.が実名激白!「東山はジャニー氏側近中の側近。性加害を知らないはずがない」

    元Jr.が実名激白!「東山はジャニー氏側近中の側近。性加害を知らないはずがない」

  4. 4
    山川穂高謹慎で電撃トレードの現実味…ジリ貧の西武が狙う巨人、阪神の“野手5人”の名前

    山川穂高謹慎で電撃トレードの現実味…ジリ貧の西武が狙う巨人、阪神の“野手5人”の名前

  5. 5
    キムタク「教場0」がお巡りさんから総スカン! 交番勤務を見下した指導官の決めゼリフ

    キムタク「教場0」がお巡りさんから総スカン! 交番勤務を見下した指導官の決めゼリフ

  1. 6
    “5人のキンプリ”有終の美に水を差す…ティアラの暴走と、カウアン氏の平野紫耀を貶める暴露

    “5人のキンプリ”有終の美に水を差す…ティアラの暴走と、カウアン氏の平野紫耀を貶める暴露

  2. 7
    永瀬廉&髙橋海人“新生キンプリ”の目に余る優遇に…SixTONESファンと箱推しティアラが大激怒

    永瀬廉&髙橋海人“新生キンプリ”の目に余る優遇に…SixTONESファンと箱推しティアラが大激怒

  3. 8
    元Jr.が実名告発する合宿所の“驚愕事態”「単純計算しても2500人以上が犠牲に…」

    元Jr.が実名告発する合宿所の“驚愕事態”「単純計算しても2500人以上が犠牲に…」

  4. 9
    市川猿之助を苦しめた澤瀉屋の呪縛 家族会議までに至った「梨園の異端児」の歴史的背景

    市川猿之助を苦しめた澤瀉屋の呪縛 家族会議までに至った「梨園の異端児」の歴史的背景

  5. 10
    ジャニー喜多川氏「性加害」の実態をタワマン住民が明かす 地下駐からの出入りが意味するもの

    ジャニー喜多川氏「性加害」の実態をタワマン住民が明かす 地下駐からの出入りが意味するもの